旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「臆病で小心者」にふさわしい辞め方

<<   作成日時 : 2007/09/12 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像 ついに安倍晋三が辞任を表明した。わけがわからん。国会を召集し、所信表明演説をやり、これから代表質問というときに、突然辞めると言い出す。まるで、試験の当日に腹痛を起こすガキのようだ。「もう嫌になった」「投げ出したくなった」「ボクちゃん、もーやめた」・・・本人や閣僚が何を言おうと、結局そういうことなのだろう。そうとしか見えない。

 もっとも、参院選で国民に不信任を突きつけられても辞めず、ブッシュとの約束が果たせなかったら辞めるという支離滅裂ぶりに、これはもう長くない、とは思っていたが。

画像 私は、彼が総理に就任する以前から、安倍晋三を「臆病で弱虫、小心者で差別主義者、そして妄想癖のある」男と表現して来た。なんてったって、「北朝鮮なんて核落としてペンペン草一つ生えないようにしてやるぜ〜」などと発言する男なのだから。核兵器で無関係の市民がどういう目に遭うか・・・なんてことは何一つ想像できない小男だ。今回の辞任劇で、それは証明されることになりました。まさに、安倍にふさわしい辞め方だったと思う。

 安倍晋三には、与野党逆転の参院審議を乗り切る覚悟も、民主党の小沢一郎と国会で堂々と論戦する勇気も、なかったのだ。(だから、「党首会談」などという姑息な手段を持ち出してきた) あったのは、「世論が自分を支持している」という根拠のない自信だけ。それが妄想に過ぎないことに気づいたとき、残された道は辞任しかなかったと言って良いだろう。
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「集団的自衛権」・・・について
 あの男に政権を渡せば、こうなることはわかっていたことである。少なくとも、想定はできることだった。与党内に慎重論があろうとも、公明党の支持母体が反対であろうとも、憲法違反だという声が強くあろうとも、国会前に抗議団体が何万人集まろうとも(実際には1000〜2000人程度のはずだが)、このオレオレ総理がそんなことに、たいして聞き耳を持つはずがない。そんなことは、わかっていたことではないか。 ...続きを見る
旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記
2014/07/03 01:30
きのうの安倍晋三テレビ出演の感想
 きのう(18日)夜、安倍晋三がテレビのニュースに生出演して解散について語っているのを録画で見たが、腹が立って、腹が立って! ...続きを見る
旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記
2014/11/23 11:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「臆病で小心者」にふさわしい辞め方 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる