旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS MKタクシーまもなく登場

<<   作成日時 : 2009/04/16 17:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像 駅前通で目についた黒塗りのエスティマ、よく見たら、札幌に進出してきたMKタクシーの車両だった。営業は22日からで、デモ走行中らしい。立ち止まって写真を撮っていたら、運転手氏が出てきて「どうぞ、中を見てください」と声をかけてくれた。

 スライドドアを開けると、新車の香り。内部は、3列シートの3列目をはずして2列目をうんと後ろに下げた、広々とした室内だ。後ろに3人座っても、ゆったり荷物も置ける。体感として、通常のタクシーの倍くらいのスペースがある感じがする。これで、流し営業時は同社の通常車両(セドリック)と同じ料金(初乗り550円)だというから、お得感は相当あるだろう。電話配車でエスティマを指定するとプラス1000円かかるそうだが、もともとの料金が他社より安いのだから、長距離を乗るなら価値はあるかも知れない。企業がお客さんを送迎する場合とか。

 MKタクシーの札幌進出をめぐっては、既存会社の代表である札幌ハイヤー協会が、「不況の上に供給過剰で、過当競争を激化させる」などとして、北海道運輸許可による事業許可の差し止めを求める訴訟を起こすなど、参入阻止の動きを見せたが、おかしなことだと思う。タクシーが供給過剰なのは、中心部の空車待ちの列を見れば誰でもわかるが、だから新規参入を規制してくれと言うのは、競争が激しい外食産業の経営者たちが「新たなチェーン店が営業できないようにしてくれ」と言うようなもので、まったく道理に合わない。MKタクシーの料金が他社より安くて脅威だと言うのなら、それを上回るサービス、MKより高い料金を払っても良いと利用者に思わせるような付加価値で勝負しようと、どうして考えないのだろうか。

 まぁ確かに、MKには「MKシステム」と呼ばれる独特の雇用システムがあって、いろいろ問題も指摘されているらしいが、それはあくまでMK自身の労務問題であり、監督官庁の行政の問題だ。それを既存の業界が言いたてるのは、自分たちの既得権益を守ろうという意図が見え見えで、利用者から見たイメージにとって、決してプラスにはならない。

 仕事上、タクシーはわりと利用するのだが、既存の法人タクシーは「クルマが安っぽい」「ドライバーが道を知らない」の2点が、非常に不満だった。MKは通常車両でもセドリック、しかも全車カーナビ装備だというのだから、この点でも不満はかなり解消される。

 さて、利用者にはどう受け止められることだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
MKタクシー初体験
 ススキノで飲んだ帰りに自宅まで、2日前に営業を開始したばかりのMKタクシーを使ってみた。 ...続きを見る
旅するデジカメ・札幌発<見る・残す・伝え...
2009/04/25 21:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
MKタクシーまもなく登場 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる