旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS MKタクシー初体験

<<   作成日時 : 2009/04/24 08:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ススキノで飲んだ帰りに自宅まで、2日前に営業を開始したばかりのMKタクシーを使ってみた。

 ススキノ交差点の1ブロック西側、東急インの隣にある「MK専用乗り場」まで歩くと、クルマが2台待機していて「いらっしゃいませ」と元気にドアを開けてくれた。

 ドライバーは見た感じ30代前半くらいの(この業界にしては)若い男性。かなり緊張している様子。酔っていたので正確には記憶していないけれども、「ようこそMKタクシーへ。ワタクシ、○○がお供させていただきます」「こちら、左へ曲がらせていただきます」「車内の温度はいかがでございましょうか?」、とにかくいろいろ丁寧に声をかけて来る。けれども、ホテルマンのような軽やかさとはほど遠い、言わされてます、マニュアルを暗記しました、という調子の丁寧さだから、はっきり言ってうっとおしい。黙って運転しろ、と言いたくなるのだが、これが会社の方針なのだろうから、しょうがないか。こういうのを快感に感じる人もいるということなのだろう。

 クルマはセドリック。営業を始めたばかりだから、新車の香りがプンプン。乗り心地はいいし、車内もゆったりだ。このクルマの良さだけでも、MKを選ぶ理由にはなるだろうな、と思う。けれども、ススキノから円山の自宅まで、3キロちょっとの道のりなのに2度も道を間違えたのはいただけない。「条・丁目」でちゃんと行先を伝えているのだから、自信がなければカーナビをセットすればいいのにね。

 自宅まで、深夜ならいつも1200〜1300円のところが、1000円ちょうど。安い! 支払いを済ませると、「ただいま、ドアをお開けいたします」。いいよ、ドアくらい自分で開けるよ、と言いたくなった。(海外に行けばどこだって、タクシーのドアは客が開け閉めするものだ)

 料金は安い、クルマも立派、道さえちゃんと覚えてくれれば言うことなしだが、あの「言わされてます」という感じの過剰な丁寧さだけは、私は好きになれない。タクシーはホテルや飛行機とは違うんだから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
MKタクシー初体験 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる