旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「秋田上空」は誤りではないか

<<   作成日時 : 2009/04/05 08:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

某半島から発射された飛翔体は「秋田県上空を通過の見込み」と繰り返し報道されているが、この表現にどうしても違和感を感じてしまう。

 ミサイルだか人工衛星だか知らぬが、相手はロケットである。日本の上を飛ぶと言っても、高度数百キロの大気圏外だ。当然、航空管制など行われていないし、防空識別圏のはるか外側だ。ところが、ただ「上空」と言われると、普通の人は飛行機が飛ぶ高さ、なんとなく肉眼で見えそうな高さ、高度数万メートル(数キロ)くらいを想像してしまうのではないか。「上空」とは「領空」を強く類推させる言葉だ。高度数百キロを「領空」と同じ概念として扱うことに、そもそも無理がある。「領空」の定義は国によって違うが、国際的には「大気圏内」を領空ととらえるのが普通で、日本政府も同じ立場を取っている。だから、ロシアの宇宙ステーションだのアメリカのスペースシャトルだのが日本「上空」を通過しても、問題にならない。

 だから、北朝鮮から発射された飛翔体が日本の上を飛ぶにしても、「秋田上空の大気圏外」「秋田上空数百キロの領空外」とするのが正しい。それをわざわざ「秋田上空」と、「領空」と混同しやすい言葉を使い、さも飛翔体が国民の頭の上をかすめて行くかのようなイメージをばらまいていることに、印象操作の意図を感じてしまう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「秋田上空」は誤りではないか 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる