旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アラート・システムに誤報はつきもの

<<   作成日時 : 2009/04/04 21:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「北朝鮮から飛翔体が発射された模様」・・・午後12時16分、内閣官房が全国に情報を発信し、都道府県→市町村→住民、のルートで伝えられた。もちろんテレビ各局は一斉に速報した。しかし、5分後に「誤認識だった」と取り消し。自治体はもう一度、「今のは誤りでした」と情報を送り直す騒ぎとなってしまった。

 夕刊を見たら、案の定と言うか、誤報を非難するテイストで埋め尽くされていた。

「列島 誤報で混乱」
「訂正、そりゃないわ」
「危機管理に大失態」(すべて北海道新聞)

 おいおい、ちょっと待てよ・・・と思った。この種のアラート・システムには、一定の割合で「誤報」は避けられない、ということをメディアはまったくわかっていない。

 まず、飛翔体がロケットであれミサイルであれ、現在の技術ではその発射を瞬時に正確にキャッチすることそのものが、非常に難しい。今回は、千葉の自衛隊レーダーがとらえた飛行体の痕跡をミサイルと誤認識したのが原因で、情報の大元となるはずのアメリカの偵察衛星が発射の痕跡をとらえていなかったというのだから、システム的なエラーというよりはヒューマンエラーに近いが、発射後数分という短い時間でアラートを出そうとすれば、ヒューマンエラーをチェックする回路は簡略化せざるを得ない。それに偵察衛星だって、ロケットの爆発とか火災とかを発射と誤探知することはあり得るわけで、誤報の可能性はゼロにはならない。

 相手が日本を狙ったミサイルだったような場合、発射後数分で日本に到達してしまう。着弾した場合を考えれば、正常なのか誤認識なのかを確認するために時間を浪費するよりも、一刻も早くアラートを出して避難させた方が被害が小さくて済む。怪しい気配にはすべてアラートを出さざるを得ないのだ。だから、発出されたアラートが結果として誤報だとしても、それをとらまえて「大失態」だのなんだのと書きたてるのは、筋違いもいいところである。 だいたい、理屈をこねれば、政府の発表は「飛翔体が発射された
模様」と言っているだけで、断定はしていない。 最初から「かも知れない」レベルなのだから、それが違っていても、「あぁそうでしたか」で済むレベルの話だ。

 記者に追及されて平謝りという防衛大臣や防衛省幹部も情けない。「アラートシステムに誤報は避けられないのだから、落ち着いて行動してください」と言えばいいだけのことだ。

 そりゃ、国民からしれば「北朝鮮からブツが飛んでくる」(今回は、その可能性すら非常に低いのだが)と身構えたところで空振りならば、どうなってんだ? と思う気持ちはわかる。しかし、ミサイル防衛だのアラートシステムだのを導入し、国民に対して「万一に備えよ」と言うことは、誤報と表裏一体で暮らせと言うことなのだ。 もちろん、アラートを出すからには、そ
の場合の周知手段や避難先を決め、日ごろから訓練をしておかなければ、システムは役に立たない。ミサイル落下に備えた避難訓練を定期的にやる、しかも「本番」には誤報も混じっている・・・そういう中で暮らせというのは、国民に大変なストレスだろう。

 そういう緊張状態の中で暮らす覚悟が、国民にあるのか。そもそも、北朝鮮とそこまで抜き差しならない関係になることを、国民は望んでいるのか。それを問いかけるのが、メディアの仕事だろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アラート・システムに誤報はつきもの 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる