旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS MH1162 クアラルンプール〜ペナン

<<   作成日時 : 2009/09/28 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 クアラルンプール空港では1時間20分の接続時間で19時10分発のMH1162に乗り継ぐはずだったが、JL723が空調トラブルで出発が遅れたため、50分も延着。国際線から国内線への乗り継ぎが、わずか30分ではさすがに無理だろう、と思う。しかも接続便にはまだチェックインできていないし。

 ペナン行きで後続便があるのか、無ければクアラルンプールに一泊しなくてはならない。技術トラブルは明らかに航空会社の責任だからホテルは用意してもらえるだろうが、リゾートで朝を迎えるはずが、あす朝また飛行機にチェックインしなくてはならないというのはうんざりする行程だ、などといろいろなことを考える。

、すると機内でCAから、「乗り継ぎ便まで地上係員がご案内しますので、すぐに飛行機を降りてください」と案内がある。ブロックインと同時に、他の乗客をかき分けて前方に行き、すぐに降機。ゲートでは、「1162便でペナンにお乗り継ぎの方はこちらへ」と案内される。

 係員に付いてターミナルを小走り。イミグレーションを経て、さらにゲートまで小走り。乗り換え便のゲートラウンジで、ボーディングパスとパスポートの再チェック。ところが、理由はわからないが出発は遅れると言う。だったら、ここまで急がなくてもよかったじゃないか。

画像 機体はB737−400。シートの擦り切れ具合からして、相当に使い込まれた機体だ。シートピッチも狭い。30分遅れの19時40分ごろにようやくブロックアウト、離陸。ペナンまで飛行時間は40分足らず。上がったと思ったら降下を始める感じ。それでも、トレイでドリンクはサービスされるから、サービスに対する考え方は評価できる。

 20時30分、ペナン空港に到着。案の定というか、待てど暮らせど荷物が出てこない。クアラルンプールでの積み替えが間に合わなかった模様。しょうがないので、21時到着予定の次の便を待つ。遅れてくれたおかげで、あっという間に後続便の到着時刻だ。乗客がバゲージクレームに吐き出されてきて、ターンテーブルが回りだす。ややしばらくして、やっぱりあった! 最初にベビーカー、続いて私と妻のスーツケース2個。 荷物を無事回収できたのはいいが、JALの対応はまずいぞ。荷物の積み替えが間に合わないのなら、最初からそれを告げて後続便に振り替えるべきだったのだ。到着地の空港で荷物を待つくらいなら、クアラルンプールで後続便を待ち、食事でもしていたほうがよかったくらいだ。

 ピックアップしてカートに積み、税関検査。ペナン着の場合、入国審査はKL、税関検査は最終目的地のペナンという2段階になっていて、国際便の到着空港で荷物を受け取る必要がない。楽は楽だが、今回のように国際便が遅れたりで接続が乱れると、荷物と乗客が行き分かれになってしまうという、危うい仕組みでもある。

 すべてを終えて空港の外に出たのは21時半ごろ。空港の外に出る。ムッと暑い。南国特有の、湿気をたっぷり含んだ熱気だ。この空気、南国好きの私にはたまらない。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
MH1162 クアラルンプール〜ペナン 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる