旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「マイレージ残高は無効」はあり得るのか?

<<   作成日時 : 2009/11/02 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像 JALでマイルを貯めている・・・と言うと、「倒産寸前の会社で、なんでわざわざそんなことを?」と、まるで「倒産したら貯まったマイルなんてチャラになるぜ」みたいなことを言われることがあるが、私はまったく心配していない。

 経営危機に陥った航空会社が顧客のマイレージ残高をチャラにするのでは、という心配は、チャラにしたマイレージを現金化して、借金返済なり経営建て直しの財源に使うのではないか、という前提があってのことだと思うが、マイレージの仕組みはそうはなっていない。航空会社は、マイレージをチャラにしたところで信用を失う以外に得るものがまったくないのだ。

 「マイレージ制度が航空会社経営を圧迫している」とか「JAL・ANAのマイレージ残高を現金化すればウン百億円になる」などと言う人がいるが、それは違う。マイレージ残高の換金対象は、「自社の飛行機の座席」という、仕入れ原価が事実上タダである物品だからだ。株券や不動産のように、何らかの形で現金化が可能な資産とは、そこが決定的に異なる。確かにマイレージは「無料航空券」という、利用者からすれば大変魅力的な商品と交換可能だ。マイレージポイントを、実際に航空券を買った場合の金額に当てはめて「1マイル○○円」と計算できないことはない(以前にシュミレーションした結果はこちら。だが、航空会社からすれば、マイレージによる無料航空券は「空いている座席(有償で埋まらない座席)」をマイレージ会員に提供しているだけで、コストはほとんどかかっていない。提供コストが限りなくゼロのマイレージ残高を現金化しようがないのだ

 よく言われるように、飛行機は、満席だろうと半分しか乗っていまいと、運航コストはほとんど変わらない。そして、すべての便が有償客で満席になるわけではない。有償客で売れ残った座席を、無料航空券という形でマイレージ会員に提供するというのが、マイレージシステムの根幹なのだ。そのままでも空席で飛ばしてしまう座席である。そこにマイレージ会員をタダで乗せたところで、航空会社にコストはほとんど発生しない。会社にとっての、特典提供コストの安さと、会員から見ての無料航空券という価値の高さのギャップが、マイレージ制度のミソなのである。だから航空会社は、一便あたりのマイレージ特典の提供座席数を厳しく管理しているし、盆や年末年始のように放っておいても満席になるような時期には、特典航空券を一切提供しない。また、沖縄やホノルルのように人気の高い路線では、一便あたりの提供座席数を少なくしている。どちらも、有償客を少しでも多く乗せるための措置だ。

 マイレージ制度は、会員管理や新規会員の募集などシステムの維持にはそれなりにカネがかかるが、特典航空券というサービス提供にはほとんどカネがかからない、打出の小槌のような制度なのである。それでいて、「マイルが貯まるからJAL・ANA」というリピーターを容易に獲得することができる。こんなオイシイ制度を、航空会社がやめるはずがないのだ

 JALが破綻すればマイレージがチャラになるなんて、あり得ない。2001年の同時多発テロ以後、アメリカでは大手航空会社が軒並み経営破綻したが、マイレージがチャラになった例はない。








航空産業入門?オープンスカイ政策からマイレージの仕組みまで
東洋経済新報社
ANA総合研究所

ユーザレビュー:
航空業界の状況把握に ...
「入門」の王道これま ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

新マイレージの超達人(ANA&スターアライアンス編)
USE
櫻井 雅英

ユーザレビュー:
ANAマイレージ初心 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「全社員が一丸となって快適なフライトを・・・」
「弊社は現在、皆様に多大なご心配をおかけしておりますが、JALグループはこれからも、全社員が一丸となって快適なフライトをお届けしてまいります。どうぞ安心して、ご利用ください」 ...続きを見る
旅するデジカメ・札幌発<見る・残す・伝え...
2009/11/03 01:00
マイレージでエアライン経営が傾くなんて、あり得ない
 JALのマイレージについて、たとえ経営破たんしてもマイレージ会員は保護されるだろうし、残高が無効になることもないだろう、とおととい書いた。理由は、「マイレージによる無料航空券は、提供コストが限りなくタダなのだから、その残高は現金化しようがない」からだ。現金化できない以上、保有するマイル残高を借金返済や経営改善に充てたりすることはできないという理屈だ。 ...続きを見る
旅するデジカメ・札幌発<見る・残す・伝え...
2009/11/04 23:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「マイレージ残高は無効」はあり得るのか? 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる