旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 天皇より総理大臣が偉い・・・当たり前じゃないか

<<   作成日時 : 2009/12/14 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 夕方のニュースで小沢一郎が吠えていた。「日本国憲法を読め。何と出ている?」と。

 筋金入りの改憲論者であるはずの小沢が「憲法を読め」と言うのはちゃんちゃらおかしいのはとりあえず置いておくとして、今度ばかりは小沢の言い分に利があると私は思う。

 小沢が吠える「憲法」とは、次の条文のことだ。第三条「天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ」。第七条「天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。(略)九 外国の大使及び公使を接受すること」。

 天皇の国事行為は内閣の助言と承認によって行わねばならないことが、これ以上ない平易な文体で書かれている。つまり、天皇は内閣の指示に従わねばならず、憲法上は内閣が天皇よりも上位に置かれているのだ。国民主権を憲法が規定している以上、国民の代表である内閣と、その責任者である内閣総理大臣が、「国民統合の象徴」である天皇よりも上位なのは、これまた当たり前すぎるくらい当たり前のことである。

 天皇が外国要人との面会に際して30日前まで申し込みという取り決めがあることを初めて知ったが、単なる慣行に過ぎず、法律でも省令でも何でもない。

 今回の件を「天皇の政治利用だ」などと批判する声があちこちから上がっているが、おかしい。だったら、オバマ大統領と会うのは「政治的」ではないのか? 大災害の後に必ずおこなわれる天皇の被災地訪問に官邸の政治的意図はないのか? 天皇が公に行う行動は箸の上げ下げ一つまで何らかの「政治的」意図に基づいていると考えるのが自然であろうに、何を今さら、と思う。

 自民党が長年そうやってきたように、権力を手にした側が国民の名で(実際は自らに都合の良いように)天皇を「使う」のは当然のことなのだ。それは、現憲法がはっきりと認めている事柄である。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天皇より総理大臣が偉い・・・当たり前じゃないか 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる