旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 連休分散化・・・「みんなで休む」こと自体が目的の国民に、こんな制度は歓迎されない

<<   作成日時 : 2010/05/09 21:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 3

画像 政府が検討中の連休分散化に6割以上の人が反対・・・こういうのを見ると、「やっぱり、そうだろうな」と思う反面、正直がっかりしてしまう。連休を地域ごとに分散させて宿泊施設や交通機関の混雑を緩和しよう、というアイディアは突き詰めて考えると、「休みとは何か」「休みに何をすべきか」という根元的な問いに行き着いてしまうのだが、反対する理由を見ていると、日本人は結局、休みを「主体的に」楽しもう、自分のために「休み」を使おう、などとは考えていないのだな、と思えてくるのだ

 ゴールデンウィークや年末年始など、世間一般の休暇時期に合わせて旅に出たこと、出ようと思ったことが何度かあるが、毎度毎度腹立たしいのは、ホテル・交通機関のバカ高い料金設定と、道路の途方も無い渋滞だ。航空券は割引が効かないから、通常期のほぼ2倍。航空券+宿泊がセットになったパッケージと比較すれば、3倍もの料金差になってしまう。だから私の場合、ゴールデンウィークや年末年始に出かける先はせいぜい近場。値の張る海外は、ピーク時期をはずして出かけるのを常としていた。そういう時期の旅行の場合は当然、平日に勤務先の会社を休むわけで、職場内にはそれに渋い顔をする人もいないではないが、有給休暇という制度があるのだから、堂々と使っている。会社も表向き、有給の積極取得を奨励している。大型連休で空港が混雑・・・という様子を見るたびに、いつも思う。この人たち、超混雑、料金も超高いこういう時期に、なんでわざわざ旅に出るのだろう、と。そういう考えの人間からすれば、連休が分散することで、宿泊や交通機関の混雑が緩和し、料金も下がるのであれば旅に出やすなり、まことに結構じゃないかと思うのだ。

 けれども、世の中の大多数の人は、そうは思わないらしい。曰く、「帰省しても親と休みが会わず親孝行できない」。曰く「遠方の友人と休みが合わなくなる」。そりゃ確かにその通りかも知れないが、こういう意見の持ち主は、休みを本当に有意義に使っていると思っているのだろうか。親や友人と過ごす以外の休みの使い方はないのかい、と言いたくなる。そういう休日の使い方が有意義かつ本当に必要であるなら、祝日と重ならないどちらかが休暇(会社員なら年休)を取ればいいだろうに、とも思う。「地域をまたいだ仕事先との取引がかみ合わず、弱者が取引先に合わせる形になり、仕事を休めない」「本社・支社のある会社では休めない人が出てくる」という意見にしても、だったら、取引先やら本社に合わせて企業が休日を設定すれば良いじゃないか。連休が地域ごとに分散されてしまえば、国が設定した祝日に合わせて企業が休む必然性も薄くなる。企業がそれぞれの都合で、休みやすい時期に連休を作ればそれでいいのだ。

 結局、日本人の休みに対する感覚って、休んで何かをするために休日があるのではなく、みんなで休むことそのものが目的なのではないだろうか。仕事を休んで旅に出たいとか、趣味活動に打ち込みたいとか、勉強したいとか、家族で何かしたいとか、家に閉じこもって何もせずに過ごしたいとか、そういう「やりたいこと」があれば、周りが休みであろうとなかろうと関係無いと思うのだが、祝日を地域ごとにずらして「やりたいこと」をやりやすいようにしようという案にこれほど反対が多いということは、詰まるところ、そういうことじゃないかと思う。

 欧米と日本とで、有給休暇の取得率の違いがしばしば引き合いに出される。欧米人はこれだけ休んでいるのになぜ日本人は・・・と比較され、中小企業が多いとか、大企業でも社員1人あたりの負担が大きいことなどが理由として挙げられるが、それだけが理由では無いと思う。国民全体が「休んで仕事以外の何かをする」ことに関心も理解も低く、「仕事を休んでまでやりたいことがない」というのも、大きな理由ではないだろうか。そう考えると、連休の分散化に反対が多いというのも、よくわかる。休みとなれば、実家に帰省するか友人と飲みに行くかしか思いつかない人たちにとっては、連休が分散され、国民が一斉に休む機会がなくなれば、困ったことになってしまうのだ。することがないのだから。日本人があまり有給休暇を取らないことをとらまえて「日本人は勤勉だから」などと言われることがあるが、冗談じゃない。年休を目一杯取得して、旅だの趣味だのボランティア活動だの家族でのリクレーションだの、そういうことに取り組んでいる欧米人の方が、ずっと勤勉だ。

 そういう国民性に関する議論、休日をどう使うかという議論を脇に置いておいて、「混雑緩和のために連休分散を」と言うのは、ほとんどナンセンスかブラックジョークである。何年かおきに出ては消えるサマータイムの議論と似ている。日没を遅らせて日照時間を増やすと言っても、その時間でやりたい余暇活動などそれほどない国民にとっては、時計の切り替えなどありがたいはずがない。

 5日間の連休があり、自分一人か同居家族だけで使うとしたら、何をしますか? 何をしたいですか? こういう問いに答えをいくつも思いつく人たちが大多数にならない限り、連休の分散化は歓迎されるはずがない。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
そもそも5月前半の札幌は天候が不安定なのだ
 今年のゴールデンウィークの天候は、散々だ。気温が低くて雨の日が多く、カラッと晴れたのは4月30日(土)だけ。特に後半の5月1日〜5日の5日間は、平均気温がわずかに7.4度、最高気温の平均も10.3度までしか上がらず、日照時間も過去20年で最低だった。震災による外出控えに加えてこの天候の悪さでは、行楽施設は入り込みのアテがはずれ、がっかりだっただろう。身も蓋もない言い方になるが、北海道のゴールデンウィークなんて、こんなもんなのだ。<写真=桜がほとんど咲いていないのに「花見」を楽しむ若者たち... ...続きを見る
旅するデジカメ・札幌発<見る・残す・伝え...
2011/05/14 08:05
主権回復記念日・・・これ以上祝日を増やしてどうする?
 産経新聞のWEBニュースを見て、びっくり仰天した。自民党が4月28日を「主権回復記念日」として祝日にする法案を提出しようとしているのだという。この日は、サンフランシスコ講和条約の発効日で、戦後日本が独立を回復した日だからだそうだ。休みが増えて国民は喜ぶとでも思っているのかも知れないが、冗談じゃない。ただでさえ、先進国の中ではずば抜けて多い祝日を、これ以上増やしてどうする、と思う。 ...続きを見る
旅するデジカメ・札幌発<見る・残す・伝え...
2011/08/26 04:03
ゴールデンウィークなぞ消えてなくなれ!
 大嫌いな時期がやってきた。日本の勤労者の多くが一斉に休みをとり、道路は大渋滞、交通機関や観光施設は激混雑、航空券やホテル代は、場所によって通常期の2倍以上になるという魔の10日間。またの名を、「ゴールデンウィーク」(メディアによっては「黄金週間」)。 ...続きを見る
旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記
2013/04/29 11:07
キッズウィーク・・・世にも奇妙な休暇奨励策
 アホも休み休み言えや、と思う。「キッズウィーク」の話である。コレを思いついたヤツって子育ての経験がなくて、自分の学校時代は授業と塾以外のことを何もやったことがないヤツだと思う。 ...続きを見る
旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記
2017/05/25 01:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
初めてコメントさせていただきます。
私は単純に、遠距離在住の相方と同時に休みを取れないのは(ただでさえ地方は有給取りにくいですから、中央に比べたら)受け入れがたい、と思い断固反対です。まるで受け身な休日の過ごし方はしていませんがね。
今の時代、家族が同居しているとは必ずしも言えないのでは・・・?
こざる
2010/05/21 01:50
私は、日本にいる限り、諦めています。要するに、日本人は農耕民族ゆえ、みんなと同じ行動を取らないと不安だからなんです。それに逆らうには、相当なエネルギーが要りますからね。
tigermask
2014/08/10 08:00
>tigermask さん

残念ながら、そのとおりでしょうね。
海ラジ
2014/08/10 17:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
連休分散化・・・「みんなで休む」こと自体が目的の国民に、こんな制度は歓迎されない 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる