旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS CANON EOS 20D・・・ついにERR99が出現

<<   作成日時 : 2010/05/10 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 「旅するデジカメ」の主力機として使いまくっているデジタル一眼レフカメラCANON EOS20Dが、ERR99で正常に作動しなくなった。ワイド側では正常に撮影が出来るが、テレ側に少しでもズームすると「ERR99」と表示され、シャッターがまったく押ささらなくなる。電源を入れ直すと復活するが、ズームリングを動かすと、またダメになる。ついにキターッッ!という感じ。使い始めて丸5年のカメラだから、製品としての寿命を、まず疑いたくなってしまう。

 エラーが出始めたのは、青森県をドライブ旅行中の今月2日ごろから。最初のうちは、電源を入れなおすとしばらくは大丈夫だったが、3日午後には完全にOUT。望遠側での撮影が、まったくできない。レンズは、TAMRON AF18-200mmF3.5-6.3XR。EOS20Dに常時装着していて、20Dで撮る8割はこれで撮っている。このTAMRONのレンズ、純正に比べると写りはイマイチとの評価も聞かれたが、芸術作品ではなく、「記録」としての写真をあちこち動き回りながら写したい私としては、高倍率のズームレンズは何より重宝する。(同様の高倍率ズームは後にCANONからも出たが、買った当時はレンズメーカーからしか出ていなかった) 

 ERR99とは、シャッターユニットやミラーの異常、レリーズボタンの異常、レンズとの通信系の異常やらレンズ本体の異常など、あらゆる不具合を包含するエラーコードなので、原因の特定はなかなか難しい。けれども、EOS20D系列のデジタル一眼レフを使い込んでいるとけっこうな確率で発生するエラーらしいことが、ネットを検索すると出てくる。 私のEOS20Dは2005年5月4日の使用開始以来、丸5年を過ぎて6年目。シャッター回数は7万6000回台に入り、一般的な耐用シャッター数(メーカーの説明では一般的に5万〜7万回)を超えているから、いつ故障してもおかしくはないと思っていた。 これを機にEOS7Dに即買い替えか・・・とも思ったが、大切に使ってきたカメラだ。まずは修理の可能性を探ろう。

 それにしても、ワイド側端では撮影できるのに、ズームすると撮影できないというのは、ちょっと引っかかる。カメラボディ内部の故障なら、まったくシャッターが落ちなくなったりするはずなのだが。試しに、帰宅してキャノンの純正レンズを付けてみると、ズーム位置にかかわらず、ちゃんとシャッターは落ちる。ということは、レンズとの通信系またはレンズ側の不具合である可能性が高そうだ。

 レンズの不具合ならキャノンではなくタムロンに出すべきなのだが、カメラボディに本当に異常はないのか点検してもらうことにした。連休が明けた6日、札幌のキャノンサポートセンターに持参。結果は、土日をはさんで3日目となる10日(つまりきょう)、電話で回答があった。「ボディに異常はありません。レンズの故障です。他のレンズを付ければエラーはまったく出ないし、逆にこのレンズを他のボディに付けると、同様のエラーが出ました」と、思ったとおりの答え。カメラに異常がないことだけでも確認できたことは、収穫だ。

 今度は、レンズを修理に出さなくてはならない。さっそく10日夜に帰宅後、カメラのキタムラ西野店までクルマを走らせる。忘れかけていたが、このレンズは、カメラのキタムラの通信販売で買ったものだった。5年の保証が付いていて、EOS20Dの購入より若干ずれていたから、ぎりぎり保証期間が残っている。こういうとき、やっぱり保証が付いているというのはありがたいものだ。

 「結果が出るまで1週間。それから修理して、3週間ですね」と店員氏。ひぇー、そんなにかかってしまうわけ? キャノンとはえらい違いだが、こういうサポート体制の違いが価格の違いとなるのだがから、しょうがない。5年保証の証書を提示して、「無料修理できますね?」と私。店員氏「無料修理と場合もあります。自然故障以外、衝撃や水没、シビアな使い方とみなされた場合は保証対象になりません」(そりゃそうだわな)。衝撃や水没は、絶対にない。シビアな使い方かどうかは・・・ケースに入れずに持ち歩いたり、出張カバンに放り込んで持ち歩いたりはしていたから、ホコリくらいは溜まっているかも知れない。それはシビアな使用となるのかどうか、メーカー判断に任せるしかないようだが、私ごときの使い方が「シビアな使い方」と認定されてしまうなら、「5年保証」なんて看板に偽りアリだぞ。

 18-200mmが、1か月近く使えない。とりあえず、フィルム時代にメインで使っていたCANON EF24-85mmで代用するが、どーもこーも、ワイド側が狭い。室内での撮影は広角レンズ(EF-S10-22)に付け替えないと、どーしょーもない。望遠側も短いから、遠くを撮りたくなったときには、悔しい思いをするだろう。

 次の週末は沖縄出張。記録用に当然カメラは持参するが、思うように写真が撮れないという点では、ストレスをかかえる旅になってしまいそうだ。【つづく

【関連ブログ】http://delta16v.sblo.jp/article/24660366.html





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CANON EOS 20D・・・ついにERR99が出現 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる