旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 政局の混乱を喜んでいるのは誰か

<<   作成日時 : 2010/08/30 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 きのう夜、テレビのニュースショーをなんとなくかけていたら、コメンテーターが「民主党代表選挙が一大政局と化し、政治家たちは生き生きしている。センセイたちも結局政局が好きなんだ」みたいな話をしていた。 そうだろうな、と思った。日本の政治家たちは、高尚な政策論争よりも、権力を誰が取る、自分たちのボスが偉くなる、ならない、そういう話の方が盛り上がるのだろう。自民党も民主党も、そこにおいてはまったく差異がないのだ。

 けれども、よく考えてほしい。この民主党内紛をフレームアップし、盛り上げ、大騒動に仕立て上げ、日々「生き生きと」しているのはどこの誰か。もっと言えば、正確さに疑問のあるRDD電話調査を毎月やって内閣支持率を発表し、政権の短命化に手を貸しているのは、どこの誰か。

 かつて丸山眞男が語った「日本のメディアがやってるのは政治報道ではなく政局報道」という有名な言葉があるそうだ。内田樹は、人々は「世の中が絶え間なく変化することよりは、あまり変化しないことの方から多くの利益を引き出す」のだから、政局の混乱を喜んでいるように見える「メディアと市民は利益が背反する」と述べている。

 少なくとも、いま起きている政局の混乱が国民の利益になるとは、私は思えない。4年間で「6人目の総理誕生」など論外である。「政局」に喜々としているセンセイやメディアは、一体どこを向いているのだろう。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
政局の混乱を喜んでいるのは誰か 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる