旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 正しいことをやっていれば法律なんてどうだっていい〜阿久根市長のリコール騒動

<<   作成日時 : 2010/08/18 08:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

 地方自治法に違反して市議会を開かず、裁判所の命令にも従わず、議会の承認を得ない「先決処分」を断行する鹿児島県阿久根市の竹原信一市長に対し、ついにリコール運動が始まった。1か月以内に有権者(約2万人)の3分の1の署名が集まれば住民投票が行われ、過半数が市長に対し不信任なら、竹原市長は失職することになる。

 この竹原信一という「市長」、報道で見る限り、これが本当に選挙で選ばれた市長なのか、と思うほどとんでもないことをやっている人物に見える。が、意外にと言うべきか、地元の人気は高いのだそうだ。曰く「高給取りの市役所職員の賃金に大ナタをふるっている」「既得権益にしがみつく議会と戦っている」。この背景を、雑誌AERAは、「経済苦に見舞われた地方都市と、そこに暮らす人々の閉塞感」(2010.8.16)と分析している。こんな現状だから、私は、今回の市長リコールが成立する可能性は高くはないと見ている。

 それにしても・・・市長サン、こりゃ、マズイでしょ。職員の給与削減や議会の定数削減など一連の施策が住民の支持を得た「正しい」ものであったとしても。民主主義は「手続き」だ。面倒な手続きを経て承認や合意のプロセスを踏むことで、初めて有権者の意志としての意味合いを持つ。民主主義は権力者にとってはそもそも、「面倒くさい」ものなのだ。その手続きを定めた法律を守らず、「法律に従っていたら住民の求める政策を実行できない」という態度は、民主主義の否定である。「議会が反市長派に支配されている以上、市長が有権者に公約した行財政改革を実行できない」という意見は一見正しいようにも思えるが、やはり違う。選挙で竹原を当選させたのも民意なら、議会に反市長派を多数当選させたのも民意だ。首長系会派が議会で少数与党となることは地方自治では珍しくない。有権者は、議会と市長が互いに妥協できることは妥協し、合意できる落としどころを探って行くことを求めているはずだが、竹原は自分が市民から全権委任を受けたかのように、勘違いしている。こういう態度は、有権者の意志にも背くものでもある。

 それともう一つ、この市長は、職員に対する懲戒免職処分を撤回せよという裁判所命令が出たことについて、「それは裁判官の個人的意見だ」と言い放ったのだそうだ。刑事裁判で判決を受けた被告が「判決は裁判官の個人的意見だ」と発言したと想像してみればいい。抱腹絶倒の言い草ではないか。竹原は防衛大学校出身(第27期)の元航空自衛隊幹部自衛官だそうだが、防大は一体どういう教育をしていたのだろう。自衛官時代も上官の命令が気に入らなければ「それは上官の個人的意見だ」などと言っていたのだろうか。自衛隊法や部隊行動基準(ROE)に従っていたら国は守れない、などと言っていたのだろうか。もっとも、5年しか在籍せず、幹部の階級としては下から2番目の二等空尉で退官し、親の経営する会社に入ったというから、職業軍人という身分が自分に合わないと、自ら悟ったのかも知れない。

 竹原本人の心中を想像するに、自分が有権者の意志に背いているというような意識は、微塵もあるまい。既得権益と戦い、市民のための行財政改革を徹底的に行う。そのためには、議会も市職員労組もマスコミも、裁判所さえも、邪魔。邪魔者の言うことは聞かない。それが、市民の利益になる。要は、自分は「正しいこと」をやっている。法律や裁判所が「間違っている」。そんな市長を、少なくとも半数の市民は、支持しているらしい。

 思うに、竹原人気を支えているのは、正しいことをやっていれば法律や手続きなんてどうだっていい・・・そんなメンタリティではないか。そこに、「正しい」とは何か? 「法律」が本当におかしいのか? そんなことを市民が真剣に考えているような気配は、感じられない。

 けれども、このメンタリティって、日本人の多くに共通するものじゃないかと、私は思うのだ。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
阿久根市長 裁判
みなさんも、やはりこの話には、興味ありですかっっっそのまえに。。。。。花火大会の季節ですね♪花火は、みんな大好きだと思います(#^.^#)綺麗☆彡☆彡誰と行かれますか?独裁者“ブログ市長”の革命..... 正しいことをやっていれば法律なんてどうだっていい〜阿久根市長の ... 旅するデジカメ・札幌発<見る・残す・伝える>の正しいことをやっていれば法律なんてどうだっていい〜阿久根市長のリコール騒動に関する詳細記事。(Powered by BIGLOBEウェブリブログ) 地方自治法に違反して市議会を... ...続きを見る
史上最強の人生戦略マニュアル
2010/08/18 11:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
正しいことをやっていれば法律なんてどうだっていい〜阿久根市長のリコール騒動 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる