旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS KE637 ソウル〜プーケット

<<   作成日時 : 2010/09/08 23:45   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像 19時発のKE637で、タイのプーケットに向かう。タイ随一のリゾート地で、一時期は「ハワイかプーケットか」と言われたほどの人気旅行先なのだが、日本からプーケットへの直行便は無い。バンコクで乗り継ぐ手間を考えれば、新千歳〜ソウル〜プーケットと2レグで行けてしまうKEは圧倒的に便利なのだが、日本のエアラインが手を出そうとしない就航していないプーケット直行便をKEが毎日運航しているというのは、意外に感じる。(日本からの直行便はタイ航空の成田〜プーケットが週2便あるだけ) 韓国国民のプーケット人気の高さと、日本を中心に乗り継ぎ客を集められるという自信からなのだろう。この点でも残念ながら日本のエアラインは「負け」だ。ちなみに、日本でのプーケット人気は2004年12月のスマトラ島沖地震による大津波被害以降すっかり下火になってしまい、未だに回復していないそうだ。現地は完全に復興し、ヨーロッパからの観光客は完全に復調したというのに、意外な事実だ。

 予約した当初はA330で運航されることになっていたA330だが、より大型のB777-300にシップチェンジされていた。それだけ利用客が多いということなのだろうが、この日はキャビン後方に空席がけっこうあり、見た目の搭乗率は7割程度だった。乗客からすれば、B777-300は新型のエンターテインメントシステムが搭載されているし、シップチェンジはありがたい話ではある。

画像 19時少し過ぎにブロックアウト。19時15分ごろに離陸。離陸後1時間ほどで、食事のサービス。中身は、ホットミール(スパイシーチキンとシーフードのチョイス、ライス付き)とマカロニサラダ、パン、ミネラルウォーターがトレイにセットされていた。この他に、デザートのアイスクリームが別にサービス。期待値からすれば下なのだが、まぁこんなもんなんでしょうね。パンと飲み物以外にコールドミール(サラダ)1点、ホットミール1点というのは、昔のYクラスの機内食からすれば寂しいと思うのだが、乗客がみなボリュームたっぷりミールを望んでいるわけでもないだろうし、機内食を豪華にして食べ残しが出るよりは、多くの人が食べ切れる程度の量にして、他のサービスに金をかけようということなのだろう。それでも、パンは機内で温めたものが別にサービスされたし、食後にはアイスクリームが出てくるなど(冷凍モノは温度管理が大変だからサービスの手間は増すのだ)、それなりに頑張ってはいるのだろう。

画像 ところで、KEのB777-300は座席が新しくなった「新エコノミークラス」となっている。各席のパーソナルモニターは10インチに大型化され、通常はひじ掛けに埋め込まれているリモコンも、取り出しやすいように前席の背もたれに付くようになった。特に、10インチのモニターはいい。ちょっと前のビジネスクラスのサイズだが、これで映画を見ると、結構「見ている」感があるのだ。乗客に配られるヘッドフォンの音質もなかなかで、周りの雑音がほとんど聞こえて来ない。機内映画やテレビ番組をどれほど楽しめるかは、音質に左右される部分がかなりあると思うのだが、この点ではKEの新Yクラスは、かなりの高得点だ。欲を言えば、アニメの音声が英語と韓国語しかなかったりするのが不満だが、横に座った長男(5歳)は、ディズニーのアニメ映画を英語のまま見て、それなりに楽しんでいたようだ。

 考えてみたら、国際線の機内で映画をちゃんと見るようになったのは、個人モニターとオンディマンドシステムが導入されるようになってからだと思う。個人モニター自体は、10年ちょっと前から、Yクラスでもほとんどのエアラインで標準装備になったが、初期の個人モニターはいくつかのチャンネルを選択して見れるだけで、映画も、決まった時間にスタートしてしまうので、最初を見逃すと、途中から見る気がなかなか起きなかった。その点、オンディマンドシステムは大きな進歩で、いつでも好きなタイミングで見られる上に、トイレに立つときなど、一時停止や巻き戻し(早送り)までできる。しかもメニューには、最新映画も含め数十本の映画や番組があるから、「これは見てみたかった」と思うものが必ずある。これのおかげで、機内で読書やPCに向かう時間がめっきり減ったと思う。

 今回のフライトも、機内映画のメニューに入っていた「劇場版のだめカンタービレ後篇」を最初から最後までしっかり見て、その後少しウトウトしていれば、6時間のフライトはあっという間だ。現地時間午後11時(ソウル時間午前1時)、プーケット国際空港に着陸。入国審査、通関を経たのが11時35分。亜熱帯特有の湿った空気に包まれ、「南に来た」感覚がよみがえる。空港を出たときの、この体感が、たまらなく好きだ。休暇をゆっくり過ごそう。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
OLYMPUS デジタルカメラ μ-5010 チタニウムシルバー (広角 薄型 光学5倍ズーム ハ...
OLYMPUS デジタルカメラ μ-5010 チタニウムシルバー (広角 薄型... ...続きを見る
ベストアンサー
2010/09/14 17:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
KE637 ソウル〜プーケット 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる