旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 厚別区連続放火・・・住宅は放火に弱いと認識して対策を

<<   作成日時 : 2010/12/02 23:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

 テロとも呼ぶべき、身の毛もよだつ放火事件が札幌で起きた。11月24日、札幌・厚別区で一般住宅4件から相次いで出火。いずれも住人は避難して無事だったが、2件が内部全焼、2件が玄関付近の一部焼損という大きな被害となった。玄関の郵便受け付近の焼け方が激しいことから、警察は、何者かが郵便受けから可燃物を投げ込んだことによる連続放火事件との見方をしているという。

 普通の住宅が、「本気の放火」に対していかに脆弱か、を示した事例として、この事件は記憶に刻まれるべきだと思う。


 今も昔も、火災原因の第1位が放火であることは、防災にある程度関心がある人は、誰でも知っている。その予防策として、建物の周りに可燃物を置かないとか、周囲を明るくして死角を作らない、などが有効とされている。消防当局も、そういう呼びかけをしている。けれども今回のように、点火した可燃物を郵便受けから住宅内部に投げ込まれてしまうと、どんな対策も無効と思えるくらい、木造住宅は火に弱い。木製の下駄箱やらコート掛けやら、可燃物がたっぷり置かれている玄関に燃え盛る炎が放り込まれたらどういうことになるか、想像してほしい。10分もあれば、壁・天井に火がまわり、家全体が煙で包まれてしまうだろう。今回の事件で死者が出なかったのは、不幸中の幸い。逃げ遅れて一酸化炭素中毒で意識不明、やがて死に至るという最悪の事態は、十分に起こり得た。実際、今回の被害者の1人は北海道新聞の取材に対し、「火災報知機が鳴らなければ逃げ遅れていた」と語っている。

 家の周囲の可燃物に放火されても、現代の住宅外壁はある程度の難燃性があるので、よほど発見が遅れない限り、外壁を焦がす程度で済むだろう。しかし、郵便受けなどの開口部から家の内部に放火されれば、直後の初期消火に成功しない限り、炎を放り出して逃げるしかない(天上に火が回った後では初期消火は不可能)。かなりの確率で、内部を全焼してしまう。消防の到着が早く延焼を食い止めてくれたにせよ、消化放水で建具や家財道具が回復不能なダメージを受けることは免れない。窓ガラスを割って炎を放り込まれても同じことだが、ガラスを割る音で家人や周囲の住民に見つかる可能性があるのに対し、郵便受けなら音を立てずに犯行が可能なところが、実に厄介だ。

 一戸建て住宅に潜むこういう危険性、放火に対する脆弱性を消防当局はもっと啓発に努めてほしいと思うが、PRするとかえって「潜在的放火犯」に手口を教えるようなことにもなり、悩ましいものがあるのだろうな、と思う。結局、家の持ち主が危険性を予見して、できる限りの対策を取るしかないのだろう。

 まず思いつくのは、郵便受けを外に置いたり、玄関扉を二重にして(いわゆる玄関フード方式)、郵便受けを外側に設けるなどして、家自体に開口部を設けないようにすることだが、寒い北海道で、郵便物や新聞を取りにいちいち外に出るのは煩わしいし、郵便物が盗まれる心配も出てくる。だとすれば、郵便受けは今のままにして、玄関に火災報知機を付けるくらいしか、対策の取りようがない。今のところ、火災報知機は台所や寝室などにしか設置義務がないが、玄関に投げ込まれた炎を速やかに感知できれば、初期消火に成功する可能性は高くなるだろう。玄関付近に消火器を常備しておくとか、できるだけ燃えやすいものを置かないなど、いざというときに被害を最小限にとどめることはできる。玄関口の電灯をセンサーによる自動点灯式にするだけでも、放火の抑止効果はあるだろう。

 悪意による放火を完全に防ぐ手だてはないのが、残念ながら現実だが、住む側の念頭にこういうことが入っているか否かは、いざというときに生死を分けることになるのではないか、と思う。




Ocean Radio@2010

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
VISVIM 通販
厚別区連続放火・・・住宅は放火に弱いと認識して対策を 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM 通販
2013/07/09 14:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
厚別区連続放火・・・住宅は放火に弱いと認識して対策を 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる