旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ドアクローズまでは機内で携帯使用可能・・・国交省が方針

<<   作成日時 : 2011/01/26 13:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 これまで、航空機内に入った瞬間から使用禁止だった携帯電話が、ドアクローズまでは使用可能とする・・・国交省がこういう方向で法改正する方針と、けさの新聞に出ていた。早ければ今年の4月には、機体が静止している間(ドアクローズまでの間)は機内で携帯電話が使えるようになるという。突然の方針変更にはどういう背景があるのか、そっちの方が私は気になる。

 実際に携帯電話の使用を許可するかどうかは航空会社の判断になるが、これで、飛行機に乗った瞬間から外部との連絡が一切取れないという不便さからは開放される可能性が出てきた。素直に喜びたい。携帯電話が使えないと困るのでなかなか飛行機に乗らない乗客は大勢いるわけで、乗客を早めに機内に入れ、少しでも早く飛行機を出すという目的からも、大方のエアラインは法改正に合わせて機内の携帯使用を解禁する方向に動くのではないかと思う。ついでに、デジカメやPCなどの電子機器も、せめてドアクローズまでの間は使用解禁にしてほしいものではあるが。

 航法機器に影響を与える恐れがあるため機内での携帯電話使用は一切禁止、という法律は、冷静に考えれば相当に過剰な措置だったと思う。乗客からすれば、メールも含め一切使ってはいけないというのは実に不便な話で、実際、機内でこっそり使う人は少なからずいるのが現状だった。前にも書いたが、アメリカなど外国航空会社では「ドアクローズまでは使用可能」というところがほとんどだ。「航法機器に影響を与える恐れ」が理由なら、飛行機が動いていないときは関係ないか、あったとしても安全にかかわるものにはなり得ないから、合理的な方針だと思う。日本もようやくそのレベルになったか、という印象。

 ところで、技術的な視点から見れば、「航法機器に影響を与える恐れがある」という前提自体が、そもそも間違いなのだそうだ。NTTドコモでデジタル携帯電話の開発と規格策定に携わった技術者から話を聞いたことがあるが、「携帯電話の電波ごときが飛行機に影響を与えることなど、絶対にない。あるはずがない」とのことだった。「けれども、電話機が壊れて規定の何倍もの出力で電波を出す可能性が、まるっきり無いとまでは言い切れない。”影響を与える恐れ”というのは、その程度の意味なんです」。「法律で機内での携帯電話使用が禁止されているおかげで、携帯電話の電波が何かに害があるとか、人体に害があるとか、誤った情報が広がり、一部の人たちがそれに反応している。携帯電話会社としては、非常に迷惑なんです」。なるほど・・・。

 これまで頑なに「全面禁止」で押し通してきた国交省の突然の方針変更には、どんな背景があったのだろうか。航空会社なり携帯電話会社なりから、要望やら何やらがあったのだろうか。そのへんのところを、もう少し知りたいと思う。
画像





Ocean Radio@2011

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドアクローズまでは機内で携帯使用可能・・・国交省が方針 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる