旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 政府専用機に関する防衛省文書を発見

<<   作成日時 : 2011/01/31 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

画像 政府専用機についてGoogle検索していたら、防衛省が作成したと思われる政府専用機に関する説明資料が出てきた。政府専用機の使用目的や今後の整備について概略をまとめたもので、パワーポイントのスライド5枚の簡単なものだ。

 こういうものが簡単にGoogleで見つかるとは、すごい時代になったもんだ・・・と思うが、中身自体はたいしたことはない。既に報道されている中身とも重複するので、記者たちにも配布されたのだと思う。ポイントをいくつか列挙してみる。

・政府専用機の整備はJALに委託してきたが、毎年入札でJAL以外に応募がなかった
 JALがB747-400の運用を廃止すると、なぜ整備ができなくなるのか。ANAでもNCAでもB747-400を運用しているのだから、そういうところに整備を委託すればよいではないか、という疑問に上記のように答えている。要は、あまりオイシイ仕事じゃないし、負担もかかるから、導入時からの経緯のあるJAL以外は整備を引き受けてくれない、ということだ。資料には書かれていないが、JALで整備することを前提に、コクピットをはじめ、機体の細部がすべてJALと共通仕様になっていることも、JAL以外が整備を引き受けない理由らしい。

・往復に時間がかかり整備も長期化するため、外国で整備することは考えられない
 国内で整備が無理なら、外国の航空会社や整備専門会社に委託すればいいじゃないか、という疑問に対する答えが上記。そうは言うが、JALもANAも一部機体の整備を海外に出しているし、引き受ける側も大事な顧客の機体を預かるわけだから、納期は基本的にきちんと守る。整備先が国内にせよ海外にせよ、重整備となれば何週間も運用を離れるのは同じだ。海外への発注には不都合が多いと言うのは、日の丸を背負った「政府専用機」を海外で整備させるわけにはいかない、と言うための方便ではないか。

・JALは政府専用機だけのためにB747-400の整備体制を残すのだから委託金を増額する必要がある 来年度の整備費用として防衛省が41億円を要求していることについて。整備に必要な資機材は、その機種に適合するモノを用意しなくてはならないし、整備の資格は機種ごとにすべて違う。JALは自社のB747-400退役後も数年は同機の整備能力を維持するとしているが、整備士の資格維持や資機材の維持のために応分の負担を要求している。至極当然の要求だ。

・自前で整備するには、整備格納庫や資機材、数百人もの整備員の確保など、数百億円の費用がかかる。費用対効果として適当ではない
 2機の機体のために数百人の整備員、数百億円の費用が本当にかかるかどうかは相当あやしいが、政府から押し付けられている政府専用機の維持・管理のためにそこまで費用をかけ、隊員を増強してまでやるつもりはないということ。こういう途方もない金額見積を出してくること自体、防衛省はやりたがっていない証拠。本気で知恵を絞れば費用を抑える方法はあるはずだが、そこまでする気はありません、ということだ。

・政府専用機の今後のあり方は、政府で検討すべきである
 防衛省は、政府専用機があろうとなかろうと、どっちでもいい。必要とも不要とも言うつもりはないから、政府で決めてくれ、ということ。

 防衛省自身、政府専用機の維持管理が重荷、本当は手放してしまいたい・・・というニュアンスがひしひしと伝わって来る内容になっている。

 原文は、こちら。リンク切れの場合は、こちらをどうぞ。





Ocean Radio@2011

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「軍用機」による邦人救出はそう簡単なことではない
 政府専用機に関する考察の中で、「邦人救出で民間機が使えないときは空自機を使えばいい。今なら、その能力がある」と簡単に書いてしまったが、よくよく考えれば、コトはそう簡単でもない。国際的には「軍用機」とみなされる自衛隊機の派遣は相手国の当局と様々な調整が必要で、周辺国や世界に与える政治的インパクトも考慮しなくてはならないから、相当慎重にやらなくてはならない。日の丸を付けた飛行機が救助に向かえば、現地に取り残された人はほっとするだろうし、国内にも「国の威信を示した」などと満足する人はいるだろう... ...続きを見る
旅するデジカメ・札幌発<見る・残す・伝え...
2011/02/02 00:07
ここは酷いセカンドオフィサー制度ですね
ひどかった「ガイアの夜明け」JAL特集 http://www.labornetjp.org/news/2011/0201gaia まあ日経スペシャルだからなw おっさんコパイについても当人の責任に帰することはできないんだよな この人の入社と2人乗務の767の登場はほぼ同時期であった 将来的に航空機関士の消滅が分かっていたんだけれども その辺でパイロット志望者を航空機関士にする変なキャリアパスを作ったようだ そういう意味では買った機材に振り回されるJALの犠牲者でもあるな A... ...続きを見る
障害報告@webry
2011/02/04 22:42
どうなる、政府専用機後継機
 古新聞を整理していたら、こんな記事が目に止まった。政府専用機の後継機問題について。 ...続きを見る
旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記
2013/10/09 01:16
政府専用機の後継はB777-9Xに決定・・・と思う、これだけの理由
 ANAからボーイング747が退役したことで、「日本最後の旅客型ジャンボ」として政府専用機がにわかに注目を浴びているようだ。31日の「ANAからジャンボ引退」のニュースではNHKが「ジャンボ機として最後に残るのが、政府専用機です」などと紹介していた。しかし、前々から言われているとおり、政府専用機にも退役の期限がある。先月25日の朝日新聞によれば、現在の政府専用機B747-400の運用は4年後の2018年度で終了。後継機にバトンタッチさせるために、機種選定をこの夏にも行うのだとか。さらに同記... ...続きを見る
旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記
2014/04/11 15:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
政府専用機に関する防衛省文書を発見 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる