旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS この記事に橋下徹が激怒りしているが

<<   作成日時 : 2012/03/06 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 朝日新聞に掲載されたこの記事(大阪版=2日、東京版=3日)に橋下徹が激怒しているようだ。政治家がメディアや学者から批判を受けるのは当たり前のことで、それにいちいち反応していたら身が持たないし、本来の仕事に熱が入らんだろうに、と思う。

 それにしても・・・下記は橋下ツイッターの引用リンクだが、記事を書いた記者を名指しで怒るのはいいとして、「この記事の記者丑田氏は、できない記者だね〜。思想が凝り固まっている。あなたの方が危ないよ」「丑田さん、僕がどんな状況でどんな人を攻撃しているのか、そしてその手段は何なのか、もう少し分析したら?言論の自由が保障されている日本は最高だよ」とは、なんちゅう言い草だろう。前にも書いたが、選挙で選ばれた公職の地位にある者が、どうしてこうも品性下劣、下品で口汚い物言いができるのだろうか。こういう低劣なボキャブラリとワーディングで相手を罵倒する意外に批判を封じる手段を持たない人物は、政治家、それも首長なんちゅうポストの器じゃ到底ないと思う。前にも書いたが、よく弁護士が務まったものだ。橋下が弁護士としてどんな仕事をしていたのか、知ってる方がいたら教えてください。刑事弁護の当番弁護士で橋下に当たったような経験がある方、いないもんでしょうか。














 それから、橋下が論争で相手を罵倒するときの常套句に「だったら対案を出せ」と言うのがあるが、論理のすり替えであり、根本的におかしいと思う。論争相手の学者やジャーナリストは政策立案でメシを食っているわけではないのだ。彼らは既存の政策やこれから行われようとしている政策案を分析し、問題点を指摘するのが仕事であって、そこから案を練り上げるのは政治家や役人の仕事だ。そういう相手に対して「対案を出せ」などと言うのは、「だったらどうすりゃいいの?」と居直る子どものようなものである。本来論争では、これを言ったら負けだし、「対案を出せ」などと言われた側もアホらしくてまともに相手にする気が失せてしまう。対案を出せも何も、それを考えるのがアンタ(政治家)の仕事だろうよ、と。見ている側も、そこで当人の底の浅さに気づくものなのだが、どういうわけか、「具体策がない」だの「何もやらない学者」だのと威勢良く、低劣なワーディングで相手を罵倒する橋下に人気が集まってしまう。人々の求めているのは、論争や政策の中身ではなく、ケンカに強く相手を言い倒す人物そのものなんだろうな、と思う。自分たちの政治リーダーに、スポーツ選手や映画スターと同質のものを求めている、有権者たち。

 ところで、橋下が目のカタキにする論客4人(山口二郎、中島岳志、内田樹、香山リカの各氏)のうち、山口氏は北大教授、中島氏は北大准教授、香山氏は北海道出身と、なんと3人が北海道と縁が深い人物だ。これはどういう偶然なのだろう? 


たいしたことのなかった朝日新聞(大阪)丑田滋記者の橋下徹批判記事





Ocean Radio@2012

@oceanicradioをフォロー


橋下主義(ハシズム)を許すな!
ビジネス社
内田樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 橋下主義(ハシズム)を許すな! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ハシズム!─橋下維新を「当選会見」から読み解く
第三書館
中島岳志

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハシズム!─橋下維新を「当選会見」から読み解く の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







体制維新――大阪都 (文春新書)
文藝春秋
橋下 徹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 体制維新――大阪都 (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



呪いの時代
新潮社
内田 樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 呪いの時代 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
この記事に橋下徹が激怒りしているが 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる