旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「君が代斉唱監視」がもたらす教育的効果

<<   作成日時 : 2012/03/14 12:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像 読売新聞がきのう報道した、大阪府立和泉高校で校長らが教師の君が代斉唱を口の動きで監視していたという出来事。「やりすぎ」とか「人権侵害」とか「当然の職務執行」とか、いろいろ受け止め方はあるようだが、なんたる教育的光景だろう!と私は思った。現場は学校という教育の場である。これが教育としてふさわしいかどうか、生徒にどんな影響を与えるかどうかを第一義に考えるべきだと思う。

 当然のことながら、 橋下徹大阪市長がさっそくこの出来事に支持を表明し、橋下の友人でもあるという中原徹校長はブログで最高裁判決まで持ち出して、「違法性はない」と述べている。だが、学校の儀式で行われたことに「法律的に適法か否か」を論じることが、そもそもおかしい。学校は、法に触れない限り何をしても良いと教える場なのだろうか。

 この出来事は、次の3つのメッセージまたは教育的効果を、生徒に与えるだろうと私は思う。

1. 説得や話し合いによらず、力と強制によって人々を服従させることは善である


2. ウソをつくことは善である
斉唱の職務命令を受けた教師たちが君が代を歌ったとウソをつくことは可能だし、そのウソを証明して制裁を加えることは原理的に不可能である。歌わなかったことを認めたものは処分を受け、ウソをついたものは処分を免れるということは、ウソは善であるメッセージと、生徒たちには伝わる。

3. 大人を信用することは愚である
国旗国歌法制定当時、政府は「強制するものではない」と何度も繰り返した。いまやこの政府答弁は完全に反故にされ、あちこちで強制が行われている。これは、大人は過去の約束を平気で破る人種であるというメッセージであり、そういう大人を信用することは悪どころか愚だと生徒たちは考える。

 こういう学校が、良き社会の成員を輩出できるのかどうか、もう少し考えた方が良い。少なくとも私は、自分の子どもたちにこういう考えを持ってほしくはない。





Ocean Radio@2012

@oceanicradioをフォロー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン ウェイファーラー
「君が代斉唱監視」がもたらす教育的効果 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン ウェイファーラー
2013/07/04 00:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「君が代斉唱監視」がもたらす教育的効果 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる