旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜこのタイミングで巨人追及なのか、よくわからない

<<   作成日時 : 2012/03/16 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像朝日新聞がきのうから、一面トップと社会面を使って大々的に報道している巨人の高額契約金問題、「朝日vs読売の代理戦争」とさっそくスポーツ新聞が書きたてている。

大変よろしくない問題だとは思うし、不正を世に問おうという姿勢には共感もする。が、しかし、朝日がなぜこういうタイミングで、ああいうカタチの巨人追及キャンペーンをやらなきゃならないなかが、正直よくわからない。何が目的なのか。もっと言うと、あのキャンペーン報道から得られる公益とは何か。そのへんが不明だから、ああいう書き方をスポーツ新聞にはされてしまう。

ざっと新聞を見たところ、各球団は「あれは基準であってルールでない」などと、巨人を擁護しているようだ。特にセリーグは巨人人気にあやかるようなコバンザメ商法をやってるから、巨人を敵に回したくないのだろう。あんなことは前からみんな知っていて(選手はちゃんと税務申告もしている!)黙っていたんだろうな、と思う。なら球界全体の金権体質やドラフト制度の問題点を追及するならわかるが、巨人一球団の不明朗な契約金問題を、ああいうふうに「鬼の首」のごとくキャンペーンすることが、ジャーナリズムのやるべきことだろうか。

当の朝日も、肝心の運動面が完全沈黙しているから説得力がイマイチ。本気で巨人を怒らせたくないという魂胆が見え見えで、社として腰が座っていないのが透けて見えてしまう。例によって読売は、売られた喧嘩は買うとばかりに強気一辺倒で、始める前から朝日の負けが見えているような気がする。

もっと大事なアジェンダがいっぱいあるじゃないか、とも思う。 取るに足らないことでメディアどうしが泥仕合の喧嘩を繰り広げるなど、まったく不毛だ。




Ocean Radio@2012

@oceanicradioをフォロー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なぜこのタイミングで巨人追及なのか、よくわからない 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる