旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 宅間守死刑執行〜死にたがる人間に命の尊さは永久に理解できない

<<   作成日時 : 2004/09/14 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像 大阪府池田市の小学校で児童8人を刺殺した宅間守死刑囚(「死刑確定者」)の死刑執行を知ったとき、何とも言えぬ、重たい、鉛でも飲まされたような気持ちになった。

 何よりも、宅間が終始一貫して死刑を望んでいたことが、まずある。宅間は、死刑を言い渡した一審判決に対して弁護人が行った控訴を自ら取り下げ、生半可な刑訴法の知識(6ヶ月以内の死刑執行を規定した×条)まで持ち出し、早期の死刑執行を訴えていた。「命乞い」を一切せずに、死ぬことを楽しみにさえしていた宅間の態度。彼は、自分の命の尊さなど、金輪際顧みることがなかった。こんな人物に、自分が奪った命の重さ、尊さ、我が子を突然失った家族の痛みなど、わかるはずがないのである。事実、報道によれば、宅間は反省の気持ちを最後まで示さなかった。これは想像だが、絞首台に上がる宅間は、不遜な態度で、笑みさえ浮かべていたのではないだろうか。

 被害者の遺族や学校関係者は、おおむね今回の死刑執行を歓迎しているようだった。個人の報復(私刑)を禁止するかわりに、国家が罪を犯した者に刑罰を与えるという近代司法の原則に立ち返れば、目的は達したかに見える。しかし、犯罪者をその意に反して拘束したり、あるいは命を奪う、という刑の持つ側面を考えると、今回の死刑はどうなのだろう。乱暴な言い方になるが、死にたくない者を殺すから「刑」なのであって、死にたがっている者を殺したところで、それは刑の執行と言えるのだろうか。死にたがる宅間を生かし、自分の奪った命のことをひたすら考えさせる。そのほうが、彼を絞首台に吊るすよりもずっと、宅間にとって耐えがたき苦痛ではなかったのか、という気が私はしている。

 死刑存廃の是非は、とりあえず置こう。しかし、宅間の刑執行はもう少し待つべきだった。自分が奪った命の重みを理解できるようになるのかならないのか、それはもっと時間を経なければわからなかったはずだ。それを知る機会を永久に奪い、本人の望む通りにあっさりと命を奪ってしまった「国家意志」には、言いようのない冷たさを感じた。


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像





Ocean Radio@2012

@oceanicradioをフォロー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
死刑に関すること
 光市母子殺害事件で死刑確定のニュースを、重いため息とともに聞いた。 ...続きを見る
旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記
2012/03/08 23:05
死刑になりたいから人を殺す
 死刑の存在は凶悪犯罪の抑止力になる、という話をよく聞くが、これは「死刑になりたいから人を殺す」という犯罪動機にはまったくもって、無力である。 ...続きを見る
旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記
2012/06/12 13:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宅間守死刑執行〜死にたがる人間に命の尊さは永久に理解できない 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる