旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS すべての始まりは2010年の「漁船衝突事件」にある

<<   作成日時 : 2012/09/25 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像 今週発売の週刊朝日に「(尖閣をめぐって日中が険悪化した)今回の騒動の原因は、紛れもなく石原都知事のスタンドプレーにある」という記事が出ていた。「世論を気にする新聞・テレビが指摘できないのならば、本誌が言おう」とまで書いているわりには、民主党・自民党幹部の匿名談話をカギカッコで引用した程度の中身の無い記事だったが、「東京都は尖閣諸島を買うことにした」というあの発言がなければこんな騒動にはなっていなかった、という指摘は、そうだろう、とは思う。
画像

 だが、それを言うなら本当の発端は、2010年9月の尖閣沖漁船衝突事件での管・前原コンビの事後処理のまずさじゃないか、と思った。

画像  尖閣沖の日本領海内で違法操業し、巡視船に体当たりしてきた中国漁船の船長を逮捕・送検しておきながら、「今後の日中関係を考慮して」(那覇地検)処分保留で釈放した事件は、中国の領土野心を知らしめるものとして、日本中に強烈なインパクトを与えた。これを機に、中国脅威論だの日本の島嶼領土が危ないだのという議論が一気に高まったし、石原慎太郎が「都が尖閣諸島を買う」などと気でも狂ったようなことを言い出したきっかけの一つは、この事件だったと見て間違いないだろう。

 あのとき、外務大臣だった前原誠司が「日本国領海内で起きた公務執行妨害事件であり、国内法で粛々と対応する」とメディアに語るのを聞いて、「そんな簡単な話か? 中国が同じことを言ってきたらどうする?」と思ったものだ。案の定と言うか、中国はレアアースの禁輸や日本企業の社員を拘束するなど、陰険な報復措置を様々に繰り出してきた。どれも日本政府にとってはまったくの想定外で、結局はその報復措置に屈するカタチで船長を釈放、「凱旋帰国」させることになってしまった。そんなことになるくらいなら、逮捕しないか、逮捕後ただちに強制送還していれば、あんな無様なことにならずに済んだのに、と今も思う。(漁船衝突を「公務執行妨害」として事件化せず、「偶発事故」として取り扱うなど、出来事の解釈次第で処理の方法はいくらでもある) 結局、このときの対応のまずさが民主党政権への風向きの変化にもつながっていった。

 後にAERAに載った解説記事で、このときの事態は「領海外に逃走する漁船を深追いしない」とする日中の密約に反し、巡視船が追跡したために起きた可能性が高い、と書かれているのを読んで、なるほどな、と思った。尖閣諸島の領有権棚上げの「暗黙の了解」は巷間言われる通りだが、それに付随して前述のような「密約」があったのだという。自民党政権時代の2004年の中国人活動家上陸事件をきっかけに日中で合意されたもので、明文化されていないが、両国の外務・海上保安当局の中で代々申し送られてきた方針だという。ところが、自民党から民主党に政権移行する中でこの方針が引き継がれず、逮捕・送検という「法治主義」の発動となった。中国側は当然、密約を反故にされたと猛反発し、あのような激しい対抗措置となった、という。(「スクープ  日中「尖閣密約」あった」AERA 2010年10月25日

 そうだとすると、2010年の漁船衝突事件とその後の事態は日本の統治機構・官僚機構の機能不全が起こしたものであり、それが石原の「都が買う」発言、そして尖閣国有化による中国の猛反発、という一連の事態につながっていると言えるのではないだろうか。

 AERAの言う「尖閣密約」が自民党から民主党政権に引き継がれなかったというのが本当だったとして。その真相は、ひょっとすると、民主党に失点を与えてとっとと退陣に追い込みたいという、官僚の陰謀だったのでは、という気がしてくる。





Ocean Radio@2012

@oceanicradioをフォロー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「尖閣に係争地ではない」と中国が言い出したらどうなるか?
 きのうも書いたが、中国に出かけた鳩山由紀夫元総理が北京で中国高官と会談した際に「尖閣は係争地である」と発言したことが、猛烈な批判を浴びている。 ...続きを見る
旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記
2013/01/20 22:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
すべての始まりは2010年の「漁船衝突事件」にある 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる