旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS <総選挙>「最悪」の選択をしようとしているのは誰か

<<   作成日時 : 2012/11/24 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 総選挙を前に、各党の政策やマニフェストやらを気にして見ているが、どれもこれも悪い。そうは言っても、選択肢はそれしかない。(自分にとって)「良い」候補や政党がないからと投票を棄権すれば、岩盤のような固定支持層を持つ候補の思うツボとなる。最悪の選択を回避するために、悪い候補の中から敢えて選択をする。選挙というカタチで主権を行使するためには、そういう頭の使い方をする以外にないと思う。

 それでは、日本にとって最悪の選択とは何なのか。思いつくことを、5つほど挙げておきたい。

 一つは、原発依存を今のまま続け、処理するアテのない放射性廃棄物を出し続けること。
原発を稼働させる以上、防災対策に途方もないコストをかけねばならず、それでもなお、「想定外」の災害によって国土を失う危険性(これはリスクではなくデンジャーである)に怯えながら日々の営みを続けなくてはならない。「想定外」という言葉は、仮にそういう事態が起きた場合には、それに起因する被害は損得勘定上無視できる、あるいは需要できる状態にあって初めて言えることだ。(たとえばジェット旅客機は、仮に墜落事故によって乗客数百人が死亡したとしても、旅客機のもたらす利便性に比べればその犠牲は受容できるという社会的合意が成立しているから、飛ぶことができる) 原発事故によって狭い国土の一定の範囲に未来永劫人が住めなくなる、それを「原発の利便性に比べればしょうがい」とする覚悟が、私たちにはあるのか。

 二つ目は、日本経済の対外的信用力が下がり、極端な円安になること。資源の多くを輸入に頼る日本で、灯油やガソリン、火力発電用の天然ガス、小麦などの食料、鉄鉱石など原材料の値段が円安によって上がればどういうことになるか、想像してほしい。円高によって輸出企業が苦しいのは確かだが、円安を誘導するともっとタチの悪いことが起きる。少なくとも、そういう可能性は大いにある。「政権公約を発表したら為替が円安に振れた」などと、浮かれている場合ではない。

 三つ目は、少子高齢化が今以上に進むこと。生産人口(20-60歳)の減少は内需の縮小をもたらし、デフレと経済低迷、税収の低下、社会保障財源の枯渇に直結する。効果のある少子化対策を実施し、長い視点で出生率を上げて行くようにするしかない。これは、教育だけでなく労働や賃金、企業による雇用の仕組みなど、社会全体の「ありよう」と深くかかわることである。

 四つ目は、周辺国、特に中国・韓国と今以上に抜き差しならない関係に陥ること。経済活動が影響を受け、ヒトやモノの動きが今以上に滞ること。尖閣国有化をめぐる中国での暴動で日本企業は大被害を受けたが、企業の多くは「それでも中国で頑張る」と言っている。13億人の市場を持つ中国は、大事なお客さんだからだ。一部政党が言うように、「尖閣諸島の実効支配を強化し、島と海を断固守ります」なんてことをその通りにやったらどういうことになるか。それで私たちはハッピーになれるのか。想像すればすぐにわかることである。

 五つ目は、1年ごとに総理が変わり、何も決められず、海外からは足下を見られる不安定な政治状況が続くこと。選挙後も続くであろう新党乱立や衆参のねじれにより、政治的安定にはほど遠い状況が続くだろうから、誰が総理になっても同じ、と思われるのは致し方ないかも知れない。だが、世の常識として、「前科」のある者はないものに比べ、再犯の可能性がより高い。そういう人物を代表に担ぎ出した党に政権を渡して良いのか。

 「最悪」の道に進もうとしているのは誰か。それを見極めるための時間は、まだあと4週間ほどある。






Ocean Radio@2012

@oceanicradioをフォロー




テレビは総理を殺したか (文春新書)
文藝春秋
菊池 正史

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by テレビは総理を殺したか (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



政権交代とは何だったのか (岩波新書)
岩波書店
山口 二郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 政権交代とは何だったのか (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



政権交代 - 民主党政権とは何であったのか (中公新書)
中央公論新社
小林 良彰

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 政権交代 - 民主党政権とは何であったのか (中公新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
<総選挙>「最悪の道」を選ばないために
 今週末に迫った総選挙の投票日に向け、自民党の優勢を各メディアが揃って伝えている。とは言っても、調査によっては有権者の4割以上が投票態度を決めていないという結果も出ており(12月10日テレビ朝日など)、その4割の投票行動によっては、選挙結果は大きく変わる可能性があるとも言えるかも知れない。 ...続きを見る
旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記
2012/12/12 23:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<総選挙>「最悪」の選択をしようとしているのは誰か 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる