旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ANAはA350を選定できない

<<   作成日時 : 2013/10/10 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

画像 JALがエアバス社製の大型機導入を発表したことを、どこよりも悔しがっているのは、ANAではないだろうか。

 昨日も述べた通り、現在運用中のボーイング社製の大型機、B777の耐用年数から逆算すると、遅くとも2020年ごろまでには後継機の導入を開始しなくてはならない。この事情は、JALもANAも同じだ。旅客機の場合、発注から納入まで数年かかるのが普通なので、2020年ごろを導入時期として逆算すると、そろそろ導入機材を決め、メーカーと購入契約を結ばなくてはならない時期にさしかかっていた。そして、ボーイングが777の次世代型とする777Xの開発計画がはっきりしない以上、JALが選んだエアバスのA350が最も妥当な選択肢であることは、ANAにとっても同じである。また、たとえ777Xがプログラムローンチされ、2010年代後半の納入が確実だったとしても、もはや「旧世代機」とさえ呼べるB777の改良型と、完全な新設計で低燃費と快適性を追求したA350ではどちらがエアラインにとって魅力的かと言えば、後者であろう。中型機としてボーイングの787を選択しているのだから、大型機はエアバスにしてリスク分散を図るというのも、理のある判断である。

画像 もともと、エアバスと良好な関係を築いてきたのは、JALではなくANAだった。なんと言っても、小型機A320の導入実績があって現在も運用中だし、過去にはA340を発注したこともある(後にキャンセルしてA321に振り替え)。A380の導入が一時期現実味を帯びていたのも、ANAだ(リーマンショックのため発注は白紙となった)。そういうANAからしてみれば、今回のJALのA350導入決定は完全に「先を越された」「先手を取られた」ものだったに違いない。

■ANAの選定は「国を背負う」
 アメリカの顔色を常に気にする日本政府にしても、ボーイングに多くの部品を供給する日本の産業界にしても、航空機はボーイングから買ってほしいというのがホンネだ。発注単価の高い大型機は特に。JALに続いてANAまでもがA350を導入するとなると、「ANA、お前もか!」「裏切者!」という的外れな批判を受けることは十分に予想される。少なくとも政府や財界の要人は訪米するたびに、「オタクのエアラインはエアバスだもんねぇ」と嫌味を言われることを覚悟しなくてはならない。それはANAの次世代機選択にとって大きなプレッシャーであろう。

画像 実際には、日本のメーカーは世界中から発注されるボーイング機に向けて部品を供給しているのだから、JALやANAがボーイングを採用しないからと言って、それほど影響があるわけではない。それにJALもANAも、日本製部品や部材が35%を占めるボーイング787を大量導入するのだから、それだけで十分日本の産業界に貢献する。だが、この種の議論は正確な事実関係よりも感情論が先走りがちで、厄介な話なのだ。まして、エアラインのシンボル、強いては一国の顔ともなる大型旅客機が、アメリカ製かヨーロッパ製か、と言うのは、民間企業であるエアラインの経営判断をも超越しかねない、極めて政治的なイシューなのである。だからこそ、JALのA350選定をフランスやドイツのメディアは大ニュースとして伝えたし、それを純粋な企業判断として実行できたJALに、「先手の利」があったのだ。

 ANAの次世代大型機の選定は、「国を背負う」ことになる。当事者のANAにとっては迷惑な話かもしれないが、自国で旅客機を製造できない以上、エアラインの機材選定とは、そういう政治的側面がつきまとうのは宿命のようなものなのだ。どんな選択をするか。それに日本の政界や経済界がどう反応するか。俗な言い方だが、おもしろくなってきた。

エアバスがJALから発注を受けたことを伝えるフランス紙「ル・モンド(電子版)。「エアバスがA350を日本航空に販売 日本ボーイングの独占を蹴散らす」と見出し。
画像

ドイツの経済紙「ハンデルスブラット(電子版)」。「エアバスがボーイングの領地に侵入」(見出し)。「エアバスは、昔からのボーイング専用市場に入り込んだ」(リード)。
画像

<日経ビジネスオンライン 2013.10.16>
JALのA350導入は日本に何をもたらすのか〜ボーイング依存脱却で競争力向上を




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
JALがA350を導入・・・もはやボーイングは「時代遅れ」か?
 おととい発表された、JALのエアバスA350購入のニュースには、正直驚いた。何かにつけてアメリカのご機嫌を取りたい政府の意向もはたらいて、「国営企業」がルーツの「日本航空」がエアバス社の旅客機を購入する可能性はかなり低いだろうと、私は見ていたからだ。企業活動の経済的合理性よりも国のメンツが優先し、JALはそっち(メンツ)を取るだろうと考えていたのだ。ところが、一転してのエアバス製の大型機の大量導入。国の顔色を気にすることなく、自社の利益を最優先できる「まともな企業」にJALもようやくなっ... ...続きを見る
旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記
2013/10/10 19:53
JALはA380を導入すると考えるワケ
 JALはそう遠くない将来、A380を導入するだろうと思う。評論家や日本のヒコーキ好きの間では「21世紀最大の論争」のネタとも言って良い熱いトピックで、「導入しないだろう」「するだろう」と喧々諤々のやりとりが交わされてきたが、現時点で私は「する」と思う。2020年ごろの世界の空、JALの路線網を予想すると、そういう答えになる。そう考える理由、こないだ書いたこととも重複するが、記しておきたい。 ...続きを見る
旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記
2013/10/16 00:51
やはりANAはボーイングを選んだ
ANAの次世代機材計画が、きのうついに発表された。ボーイング社の777-9X、777-300ER、787-9、エアバス社のA321neo、A320neoの5機種を計70機購入契約。カタログベースで総額1.7兆円の商談で、同社始まって以来最大の買物だという。JALがエアバスのA350WXBを契約したことで俄然注目されていたANAの機種選定だが、現用B777の後継は同じボーイングの777-9Xとなった。追加発注となる777-300ERは777-9Xが納入されるまでの「つなぎ」、787-9は... ...続きを見る
旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記
2014/03/29 14:26
次期政府専用機の整備はANAが受託
 次期政府専用機がボーイング777-300ERに、整備や乗員要請などの後方支援業務を全日空が受注することが、正式に決まった。 ...続きを見る
旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記
2014/08/16 08:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ANAはA350を選定できない 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる