旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スカイマーク・ミニスカート制服の本質は女性差別だ

<<   作成日時 : 2014/03/17 23:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 7

画像 スカイマークが導入するとしているミニスカート制服(写真右)について、「ああいうやり方が批判を浴びないのだとしたら、この国は相変わらず、性差別、年齢差別、容姿差別に極めて鈍感な社会だということになる」と当ブログで書いた。これに呼応したわけではないだろうが、航空会社12社のCAで組織する労働組合の団体「客室乗務員連絡会」が「問題がある」とする声明を出していたことが、きょう報道された。

画像 さっそく、同連絡会の公式ブログで声明文の内容を確認してみた。若干わかりづらい文章なので、これを取材した毎日新聞の記事から孫引きするが、同連絡会はスカイマークのミニスカート制服について「▽しゃがむと人目を気にするため作業しづらい▽緊急時にシューターで降りる際、肌の露出が多く負傷しやすい▽女性を商品として扱うデザインで、性的嫌がらせを誘発し機内の秩序を乱す恐れもある」点で問題だと述べている。また、公式ブログの声明では「この制服が『集客につながる』と宣伝すること自体、女性を商品として扱うことであり、『安全第一』を使命(航空法第1条)とする航空会社としての見識を疑わざるを得ません」と、スカイマークの姿勢を厳しく糾弾している。

画像 同会の指摘は、基本的に正しいと私は思う。特に、セクシーな制服で注目を集めて集客につなげようという姿勢は女性を商品として扱うものだ、という部分に強く同意する。女性を商品として扱うのがなぜいけないかと言えば、それは差別につながるからだ。「女性だから」「外見がキレイだから」「ミニスカートが似合うから」就業上有利な計らいを受けたり、賃金に差が付けられるような世の中は、平等な社会とは言えない。容姿背格好に好き嫌いがあるのは個人の内心の自由だが、それを表に出してはいけない。男女や人種、年齢、容姿、そういう本人の努力や能力とは無関係な要素で就業機会に差が付けられることは、よほど合理的な理由(前線兵士は男でなきゃならんとか、モデルは容姿端麗でなきゃならんとか、そういうことね)がない限りあってはならない、というのが、グローバルスタンダードなのである。アメリカでは、企業の受付に美人の白人女性ばかり揃えていたら差別を容認する会社だと見られるくらいで、企業のイメージポスターなどでは男女や人種など、様々な人たちが敢えて登場するように作られる。

 そんな世の中にあって、「当エアラインは若くて綺麗な女性クルーを取り揃えてます。制服もセクシーですから、ぜひご搭乗ください」なんて、どういう時代感覚をしてるんだろうと前回も書いたし、今もそう思う。アメリカの価値観がすべてだなんて言っちゃいないし、女性差別は世界中に存在するのは事実だが、航空会社のような公共性の高い事業において、「女性らしさ・若さ」を全面に出したPRは時代遅れだというのは、世界に共通する価値観ではないだろうか。

 スカイマークは「着用を予定しているCAの承諾も得ている」とコメントしたそうだが、笑わせるなよ。体調不良の客室乗務員の交代を求めた機長が、社長の怒りを買って解雇されるような会社である(後に機長側が提訴し、一審でスカイマーク敗訴)。「あんなスカート丈の制服では乗務に支障を来します」などと言えるわけがないだろう

 同連絡会は、国土交通省と厚生労働省にミニスカート制服をやめさせるよう指導を求める要請書を提出したそうだが、より効果的なのは、国民と利用者に広く訴えかけることではないだろうか。スカイマークは、セクハラ制服を導入するエアラインです、と。そのエアラインを利用するということは、セクハラを容認することと同じです、と。こういうメッセージを、大々的に伝えてはどうだろうか。

 繰り返しになるが、スカイマークのああいうやり方が批判を浴びないのだとしたら、この国は相変わらず、性差別、年齢差別、容姿差別に極めて鈍感な社会だということになる。問われているのは、民度である。

客室乗務員の制服について 見解  

                                2014年2月25日

                                客室乗務員連絡会



私達客室乗務員連絡会(客乗連)は内航客室乗務員、および外航で働く日本人客室乗務員で構成されており、客室乗務員の安全・雇用・労働条件などについて情報交換や調査活動などを行い、客室乗務員としての専門的地位の向上を目指している組織です。

スカイマーク株式会社は2013年12月の記者会見で、新機種導入に伴い、路線ごとに半年間ずつ計1年半にわたり着用する新制服を発表しました。私たちは、この新制服に関して下記の点で問題があると考えます。

客室乗務員は、国際民間航空条約(ICAO)付属書で緊急時の任務、避難誘導、飛行中の客室の機内秩序、保護、訓練についてその任務が明確にされています。わが国ではICAOに準拠した航空法104条、施行規則214条で客室乗務員の任務を詳細に定めています。その具体的任務は、@救命用具、保安備品の点検、A旅客に対する安全姿勢、緊急脱出への周知、B旅客の手荷物収納の確認、C緊急脱出時の誘導、等とされ、「客室の保安」に責任を負っている職種です。

このため客室乗務員の制服は、安全業務遂行の際の高位置、又は低位置の確認作業、緊急着陸時のスライド滑走、緊急着水時のラフト操作やサバイバルの為の諸作業、火災発生時や急減圧の際の処置、急病人発生時の応急措置、乗客への的確な指示などの保安任務を遂行するにあたって支障を生じさせない事を前提とした制服デザインが求められます。

また、航空法第73条の3で「安全阻害行為」が規定され、その内容は、機内の秩序を乱す行為、性的嫌がらせ等も含まれています。これらの行為を未然に防ぐことも客室乗務員の任務とされていますが、その迷惑行為等を誘発しかねないデザインであるとの危惧を持たざるを得ません。

更に、この制服が「集客につながる」と宣伝すること自体、女性を商品として扱うことであり、「安全第一」を使命(航空法第1条)とする航空会社としての見識を疑わざるを得ません。

以上の観点から、スカイマーク社に対し、再検討を求めるものです。

画像












あの航空機事故はこうして起きた (新潮選書)
新潮社
藤田 日出男

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あの航空機事故はこうして起きた (新潮選書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



連続墜落最新鋭機―航空機事故、複雑怪奇なり (だいわ文庫)
大和書房
加藤 寛一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 連続墜落最新鋭機―航空機事故、複雑怪奇なり (だいわ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スカイマーク・・・A330運航終了
 経営破綻したスカイマークが、エアバスA330の運航を来月1日、きょうから3日後にから中止するのだそうだ。 ...続きを見る
旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記
2015/01/30 01:48
スカイマークの経営破綻について
 きのう、日経速報がiPhoneに入ったのが午後6時52分、その8分後、NHKがニュース7冒頭で速報。そこから数分以内に、民放各社が相次いで字幕速報。突然のニュースに、体に電流が走るような気がした。 ...続きを見る
旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記
2015/01/30 02:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
1998年の就航開始時、客室乗務員の水着写真集で話題になった下品な航空会社 「スカイマークエアラインズ」です。
従業員はイエスマンばかり。僅かでも上司の意に染まない態度を示せば即効解雇が当たり前の会社です。
旅行嫌い
2014/03/18 21:31
はじめまして。
全く同意です。
ただ、残念ながらオブラートに包んだ形でJALもANAもある意味同じかと→他の海外エアラインに比べて男性客室乗務員の少なさ(アジア系は少ないですが日系は際立ってる気がします)
スカイマークほど露骨に下品にやってないだけって感じもします。
タンポポ
2014/03/19 00:40
馬鹿馬鹿しい。

>「女性だから」「外見がキレイだから」「ミニスカートが似合うから」就業上有利な計らいを受けたり、賃金に差が付けられるような世の中は、平等な社会とは言えない。

市場価値に従って給料が決まるのは公平ですよ。
どこの会社だって受け付けは女性が多いし、電話対応も女性が多いですよね。
逆に重労働は男性が多い。

それぞれの特徴を活かすのは実にすばらしいことです。

近年流行りのフェミイデオロギーは女性の良さを失わせています。早く社会はフェミイデオロギーを卒業すべきです。
L
2014/03/19 18:52
 全然馬鹿らしくありません。

 "商品"になり得るのは労働力であって、人そのものではないですね。 ここでは、人が "商品"扱いされていることが問題にされているわけです。人間が商品であったら、それはローマ時代の話になってしまいます。
ふみたか
2014/03/23 06:26
>どこの会社だって受け付けは女性が多いし、
>電話対応も女性が多いですよね。

従業員をそのように配置する企業は差別に鈍感である、という考え方のほうが世界的には主流です。
海ラジ
2014/03/25 22:47
大いに馬鹿らしいことだ。

「スカートを短くすれば、客が増える」という感覚は、客を馬鹿にし、CAを馬鹿にしていることだ。
このように客や従業員を舐めた経営者は、馬鹿そのものである。
この程度の感覚しか持たないトップがいる企業は、沈むばかりであろう。
スカイマークには、絶対に乗らない。
呆れた
2014/04/02 16:17
女性を風俗扱いしているとしか思えない。女性や子ども、外国人だって乗るのに…女性を商品にして客寄せなんて下品すぎる…この国が先進国だなんて思えません
気持ち悪い
2014/04/05 18:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
スカイマーク・ミニスカート制服の本質は女性差別だ 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる