旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS マレーシア航空370便行方不明・・・相次ぐ怪情報

<<   作成日時 : 2014/03/15 11:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

 消息不明となっているマレーシア航空MH370便(ボーイング777-200/機体番号 9MMRO)の機体が、発生から1週間となる今も、見つかっていない(日本時間 15日9時現在)。中国人を中心とする乗客家族の苛立ちに加えて、錯綜する情報も混乱の度を深めているように思える。未確認情報、誤情報というよりも「怪情報」と言うべきものが堂々とメディアのヘッドラインで報じられている。もはやメディア自身、冷静な判断力を失っているように思えてしまう。

画像 怪情報の最たるものが、きのうから報じられている「MH370便は進路を反転し、マレー半島・マラッカ海峡を横断後インド洋にまで達した」とする可能性だ。最新のCNNを見たら、解説委員のような記者が地図を示しながら、「MH370便はインド沖のベンガル湾を北または南へ飛行して墜落した可能性がある」と報告していた。米軍ならびにFAA(連邦航空局)、NTSB(国家運輸安全委員会)がレーダー、衛星、航空機から発信される信号を解析し、総合した結果なのだという。

 笑い出してしまいそうな、怪情報である。世界的に有名で信頼も厚いCNNが、こんなことを大まじめに「BREAKING NEWS」(速報)として伝えてよいのか。と言うか、こんな情報にこんなニュースバリューを与えてしまうほどに、取材現場も編集サイドも混乱を極め、冷静な判断力を失っているのではないか、と思えてしまう。

 リポートによれば、消息を絶った位置からインド洋のベンガル湾まで、約2000マイル(3200km)だそうだ。だとするとMH370便は、管制レーダーから消えて行方不明になった後に4〜5時間も飛行し、インド洋にまで到達したことになる。常識的に考えて、大型旅客機がレーダーに探知されずに4〜5時間も飛行を続けるなど、絶対にあり得ない。仮に航空管制レーダーから機影が消失したとしても、各国は領空侵犯に備えた防空管制レーダーレーダー網を持っているから、国籍不明機として必ず探知される。インドネシア空軍なりタイ空軍なりが戦闘機をスクランブルさせているはずである。そうでなければ、B777は超高性能なステルス機、ということになってしまう。もちろん、レーダーは低高度の飛行物体は探知できないから、超人的な技量を持つパイロットが乗っていて、海面スレスレを飛行させ、マレー半島を横断するときには山肌を縫うように飛んでレーダーを避けた、という考え方ができなくはない。だが、そういう不自然な飛び方をすれば必ず地上で目撃されるはずだし、不自然な上昇・下降の繰り返し、エンジンパワーを入れたり抜いたりの連続で、乗客が不審に思うだろう。陸上の低空飛行なら携帯電話の電波が届くから、乗客が機内から異常を知らせることもできる。だいいち、低空飛行では燃料消費が激しいから4〜5時間も飛び続けることなど、そもそもできない。

■中国人工衛星も怪情報
 おととい(13日)の、「中国の人工衛星が捜索海域で浮遊物を発見」という情報も、怪情報と言うべきだろう。海上に墜落した航空機の残骸が人工衛星によって発見された例など、聞いたことがない。本当であれば、中国の人工衛星の探知能力の高さを世界に示す絶好の機会となったはずだが、マレーシア当局が「浮遊物を撮影した」とされる地点を捜索したものの、何も発見されなかった。後に中国側は浮遊物発見を否定し、「公開されるべきではない衛星写真が公開された」と苦しい言い訳をした。

 このほかにも、「不明機の救難信号を受信した」「航空機と思われる油膜らしきものが発見された」「航空機のドアらしきものが見つかった」など、怪情報とまでは言えなくても、誤情報・未確認情報は数限りない。

 このように、不確実な情報がメディアを通して飛び交う最大の背景は、進展が見られない捜索状況に対する乗客家族とメディアの苛立ちであろう。「何か情報は?」「捜索に進展は?」。メディアの記者や編集スタッフがこういう激しいプレッシャーにさらされる中、当局者がポロリと語った雑談レベルの情報が大きく報じられてしまう、ということではないかと思う。

 前にも書いたように、テロ、あるいはハイジャックの可能性は高くはないと、私は考えている。機体故障や人為ミスなど、何らかの理由で南シナ海に墜落、海中に沈んでしまった機体を、様々な悪条件が重なって発見できない。もちろん、機体主要部が水没したにしても、補助翼とかドアとか、一部の部材は機体から分離して浮遊するはずで、それを発見できないのは確かにミステリーではあるが、テロやハイジャック、まして各国の防空レーダー網をかいくぐって西へ向かった、などという説よりは、そっちのミステリーの方が、まだ可能性が高いのではないだろうか。

 MH370便の機体は、消息不明となった地点からそう遠くはない海底にある。私は、そう思う。









あの航空機事故はこうして起きた (新潮選書)
新潮社
藤田 日出男

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あの航空機事故はこうして起きた (新潮選書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



連続墜落最新鋭機―航空機事故、複雑怪奇なり (だいわ文庫)
大和書房
加藤 寛一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 連続墜落最新鋭機―航空機事故、複雑怪奇なり (だいわ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マレーシア航空370便「西へ向かった」・・・ナジブ首相が発表
 夕方のニュースを見て、びっくり仰天した。消息不明のマレーシア航空MH370便(ボーイング777-200ER/機体番号 9MMRO)について、マレーシアのナジブ首相が 「マレー半島沖に出る前、機体の通信手段が切られた。これは機上の何者かが意図的に切断したものだ」と語り、さらに、「西方向にUターンし、現地時間の午前8時すぎまで7時間近く飛んでいた可能性が高い」と発表したのだという。 ...続きを見る
旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記
2014/03/16 00:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マレーシア航空370便行方不明・・・相次ぐ怪情報 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる