旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ポールマッカートニー公演中止・・・「保険付きチケット」はできないものか?

<<   作成日時 : 2014/05/21 23:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 ポールマッカートニーはけっきょく、日本で予定されていた全ての公演をキャンセルして、帰国するらしい。再来日を計画するものの、メドは立たないのだそうだ。

 本人の体調不良だから不可抗力とは言え、私はファンでもなんでもない(ビートルズには好きな曲も多いのだが)一傍観者でしかないとは言え、何しに日本に来たんだ? という思いは誰しも抱くところだろう。わざわざ来日して、大規模な公演を4本も準備して、20万枚ものチケットを売って、体調不良で1週間も公演キャンセルとは、どういうこと? プロなら体調不良管理くらいちゃんとしたらどうなの? と、誰だって思う。

 損失は、膨大なものだろう。東スポWEBによれば、国立競技場の2公演のチケット払い戻しだけで17億円。これに、数千万と言われる会場使用料や設営費用、警備費用、宣伝費用がかかっている。もちろん、中止を想定して保険は掛けてあるが、それですべてを補填できるわけではなく、東スポ記事は「万が一、実施されなかったら大変なことになる。17億円分のチケットを払い戻さなければならず、保険が適用されたとしても、主催企業は10億円以上の赤字を抱えることになる。社会的信用の低下も招くなど、ダメージは計り知れない」(音楽関係者)と伝えている。

 もちろん、主催者のイベンターが被る損害以外に、ポール公演のために地方から遠征してきた旅費も損害となる。私の知人にも、この公演のために札幌からやって来た人がいて、国立競技場前で中止を知って立ち尽くす失意の姿がFacebookに出ていた。彼はその後神楽坂に移動して仲間とやけ酒をあおったそうだが、周辺の居酒屋は、同じように行き場を失ったコンサート観客らでごった返していたのだとか。私も、13年前に角松敏生のコンサートが台風で中止になるという経験をしているので、辛い気持ちはよくわかる。遠征組のファンの損失は1公演あたり2億7500万円、2日で5億5000万円、という試算もあった

 そこでふと思ったのだが、公演中止の場合、旅費を補償する「保険付きチケット」を売り出したら、売れるだろうか。正規のチケット代に5000円上乗せで、「中止の場合は3万円補償」などとするパターンだ。全額はムリにしても、旅費のいくらかでも補償されれば、くやしさも幾分か和らぐだろう。いくらなら払うか。いくらの料率なら保険が成立するか。博打に近いことのように思うが、ニーズは存在するのではないだろうか。たぶん、個別の公演事案でリスク判定していたら、料率は相当高くなる。特にポールマッカートニーは公演のドタキャン事例があったと言うし。であるなら、来日する大物タレントで、たとえば1度に1万人以上を集客するアーティストの公演全般を保険対象としてはどうだろう。普通に公演が催行されれば、保険料は保険会社の丸儲け。悪くないビジネスのように思えるが、いかがだろうか。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポールマッカートニー公演中止・・・「保険付きチケット」はできないものか? 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる