旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 広島市の土砂災害について

<<   作成日時 : 2014/08/22 12:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 広島市で20日未明に発生した、局地的集中豪雨により大規模土砂災害について。事前に予測し、避難・被害軽減を図ることがどうしてできなかったのだろう・・・というのが最初の感想。

 今回の災害は、雨が狭い範囲に集中して降ったことや、視界の利かない未明の発生だったことなど、いくつかの不運が重なったことが、100人近い人が死亡・行方不明となる大参事につながったようだ。報道によれば、気象庁の「大雨特別警報」は、今回のような局地的豪雨は観測精度の点からならないのだそうだ。

 とは言え、何度か書いているように、今月7日に一般利用が始まった「高解像度降水ナウキャスト」は、250メートル四方の観測精度を持っており、狭い範囲に振る雨も1時間先まではかなり正確に予測できる。このシステムをうまく使えば、「30分後にヤバイ規模の雨が降る」程度のことは予測でき、それを基に住民を避難させるとか、避難が危険であれば住宅の2階以上にとどまるように呼びかけるとか、被害を軽減させる方法はあったのではないか、と思う。もちろん、時間帯は未明であり、広報車を走らせるのも危険な状況だった、ということはあるかも知れない。住民に危険性を伝える手段があったのかどうか、という疑問はある。しかし、世界最高レベルとも賞される最新鋭の「高解像度降水ナウキャスト」が有効に活用されていなかったのだとしたら、ひどく残念な気持ちになる。

 言葉は悪いが「たかが雨」で100人もの人が命を落とす事態は、「先進国」として恥ずべきこと、という認識を今一度持つべきだと、私は思う。そのうえで、被害軽減のために、何をすべきだったのか、何ならできたのか。徹底的な検証と反省が必要では、と思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
広島市の土砂災害について 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる