旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS バリ島へ・・・その3

<<   作成日時 : 2014/08/23 23:30   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像 成田〜ジャカルタの飛行時間は約7時間。長いようだが、食事をして、映画を2本見て、少しウトウトしていれば、あっという間だ。ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港に着陸したのが、現地時刻の15時14分。飛行時間は6時間55分だった。

 約20分の地上走行でゲートインが15時35分。ターミナルに入り入国審査場へと進むのだが、入国審査の列に進む前にVOR(Visa On Arrival=到着ビザ)に並ばなくてはならない。このVORという制度、外国人旅行客から入国税のようなカタチでカネを取る制度で、USドルで35ドルもする。家族4人だと140ドルだから、かなりの出費だ。7月に、25ドルから値上げされたばかりだという。入国税を取る国自体、主要国では滅多にないのに(たいていの国は、取ったとしても航空券と同時に徴収できる金額に収めてある)、これほど高額な税金を取るとは、インドネシア政府の財政難ゆえかと思ってしまう。

 入国審査を済ませてターンテーブルで荷物を受け取り、税関検査を通過するところまでは、ほかの国の国際空港とまったく同じだ。私たちはここからガルーダの国内線でデンパサールへ向かうので、再チェックインしなくてはならない。国際線から国内線に乗り継ぐ場合、多くの空港では、税関検査を出てすぐのところに再チェックインのカウンターがあるものなのだが、そういうものは一切見当たらなかった。しょうがないので、客の流れに沿って一般エリアへと進む。どこの国でもそうだが、国際線の到着口で一般エリアに出てすぐのところには、プラカードを掲げた出迎え人に混じって、客を拾おうとする白タクやら、高額なレートをふっかけるヤミ両替屋や、スリやひったくりや置き引きがウヨウヨしているものなので、緊張感が一気に高まる。「外国に来た!」とまず感じるのが、いつもこのときだ。スーツケースを押しながら、「国内線出発」の案内表示を探す。あまり目立たない表示をようやく見つけ、見づらいところにあるエレベーターで、2階の出発階に移動する。ところが、目に付くのは保安検査の入り口だけで、ずらりと並んでいるはずのチェックインカウンターがまったく見つからない。チェックインカウンターはどこか・・・とターミナル内を右往左往。冷房がほとんど効いておらず、汗が噴き出してくる。さっぱりわからないので、英語のわかりそうな空港職員を見つけて尋ねると、まず最初に保安検査を受け、その向こうにチェックインカウンターなのだという。こんな空港、初めてだ。「地球の歩き方」を丁寧に読み込んでおけば書いてあったのだろうが、経験上、ほとんどの空港は「勘頼り」で適当に進めば迷うことなく最小限の歩行で用が足せるようになっているものなので、油断していた。

 入り口で人数分の航空券(Eチケット控え)を見せ、X線と金属探知機の検査を受け、ようやくチェックインカウンターへ進む。手続きそのものは、Eチケット控えとパスポートを定時するだけで、あっという間。荷物を預け、もう一度保安検査を通ると、あとは搭乗口に進むだけだ。搭乗予定のGA***便の出発は****時。もう、あまり時間が無い。もっとも、国内線のためターミナル内の店舗はそれほど充実しているわけではなく、冷房の効いておらず暑いので、家族は、一刻も早く飛行機に乗りたいという雰囲気を漂わせていた。

画像 搭乗ゲートに進む手前で、もう一度保安検査があった。都合3重という厳重さだが、1回1回の検査は、日本ほど丁寧なわけではない。日本の空港の場合、ポケットなどの金属物を出し忘れて探知機が鳴ってしまうと、それらしきモノをすべて出した上でもう一度探知機を通らなくてはならないが、ここでは警備員が手持ちの探知機でチェックするだけ。ベルトケースに入れたiPhoneを出し忘れ、探知機が鳴ってしまったのだが、警備員は腰につけたケースを一瞥しただけで「OK」。日本なら、必ずはずしてX線を通さなくてはならないところだが。もっとも、日本のパスポートを持った家族連れがテロリストである可能性はゼロと判断してのことなのかも知れないが。(しつこい保安検査にはホトホト参るので、簡単なのは助かるのだが)

画像 デンパサール行きのGA418便はA330での運航。機体前方がビジネスクラスで、エコノミークラスにも個人モニターが付いていることから、国際線機材の間合運用であることがわかる。時刻は18時30分ごろだが、日は暮れて真っ暗だ。18時58分にブロックアウト、長い地上滑走と離陸待ちの後、19時30分にようやく離陸。時計をバリ島時間に合わせ、1時間進めた。(つづく




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
バリ島へ・・・その2
 今回のバリ行きでJALを選んだのは、単純に「安かった」ということともう一つ、JALの最新の国際線サービスを体験してみたい、というのがあった。 ...続きを見る
旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記
2014/09/01 23:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バリ島へ・・・その3 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる