旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 再びJA8995号機・・・東京へ

<<   作成日時 : 2014/09/22 23:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 2泊の札幌滞在を終えて、東京へ戻る。千歳発20時のJL526便。JAL最大座席数のボーイング777-300での運航だが、満席だ。

 乗り込んで、L1ドア横にある機体番号等を示すプレートを見たら、JA8995号機だった。2日前、JL515便として出発後に、操縦席で異臭が発生して引き返し、シップチェンジとなった機体である。「今度は大丈夫だろうな?」と一瞬思ったが、JALとしても、引き返し・シップチェンジなどとなっては大損害だから、不安のある機体をラインに出してくるわけがない。きちんと修理・点検してのことだろう。異臭の原因は「電子機器の冷却装置不具合によるオーバーヒート」だそうだから、故障した冷却装置と損傷した電子機器を交換すれば済むこと。この程度の交換部品は羽田にストックしているのだろう。だいぶ前に聞いた話だが、羽田の整備工場にストックしている交換パーツの価格を合計すると、1兆円を優に超えるのだそうだ。航空機の部品の高さにも驚くが、故障が起きてもすぐに修理してラインに戻せるように部品のストックを整えておくのはなんとカネのかかることか、と思ったものである。

 ちなみに、この日のJL526の客室責任者も、2日前のJL515と同じOさん。乗り込んで、機体番号のプレートをスマホで撮ったら、「一昨日もご一緒でした。先日はご迷惑をおかけしました」と声をかけてくれた。東京〜札幌を年に20回近く往復しているので、直近の搭乗便と同じくルーに会うことが時々ある。プレートをジロジロ見たり写真に撮るなど少しは目立つ乗客だから、記憶に残るのかも知れない。こっちは、機体番号は記憶・記録していても、乗員の名前まではまったくと言っていいほど気にしていない。プロの乗員さんの記憶力はさすがだ、と思う。

 搭乗が遅れた乗客がいたためなのか、定刻よりやや遅れて20時07分にドアクローズ。20時23分にRWY19Rより離陸。混雑のため中央列の席しかとれなかったので、スクリーンに映る前方カメラの映像を見ていたら、星がきれいに映っていた。コクピットからは素晴らしい星空が見えていたのではないだろうか。仕事の疲れもあって、飛行中はほぼ熟睡。気流の状態が悪いとのことで早めにシートベルトサインが点灯し、降下中はそれなりに揺れた。1時間12分の飛行で21時35分に着陸。21時42分にランプイン。定刻より2分の遅れなので「定時運航」にカウントされる。

 札幌は夕方以降の肌寒さがけっこう身にしみる気候だったが、東京はまだまだ蒸し暑さが残る雰囲気だ。電車を乗り継いで自宅に着く頃には、上半身が汗ばんでいた。土〜月と出張に出たため、あすの祝日がようやく休日。カラダを休めよう。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
再びJA8995号機・・・東京へ 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる