旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 粉チーズをケチるな・・・「ケチ」と「おもてなし」は対極、というハナシ

<<   作成日時 : 2014/09/08 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

画像 「粉チーズの使用はスパゲティを注文した人だけ」。きょう午後、新橋駅前にある某洋食スタンドで昼食を取ったら、メニューやカウンターなどあちこちに、こんな文字が貼り付けられているのが目に入った。スパゲティナポリタンやオムライスが有名で、昼食時を過ぎた午後2時〜3時台でも並んでいる人がいる人気店だ。

画像 ケチくさいことをやるなぁ、感じ悪いなぁ、というのが正直な印象。「もてなし」を受けているという感じがしない。「安く食わせてやってるんだから、店に余計な負担をかけるな」そういう店主の意識が透けて見える。
そりゃ、原材料高騰のご時世、気持ちはわかる。けれども、それならそれで、粉チーズのボトルをカウンターに置きっぱなしにするのはやめて、スパゲティ料理と一緒に出して、食べ終わったら下げればいいだけのことだろう。スプーンやフォークはそうしているのだから、できないはずがない。仕事で手抜きをしたいものだから、こういう品性に欠ける文書を客に掲げて平気でいるのだ。

 ちゃんとしたホテルは、客の目に付くところに「節電」だの「節水」だのというメッセージを絶対に出さない。「おもてなし」の気持ちがあるなら、ケチに見られることは絶対にしてはいけないのだ。コストを下げなくてはならないのなら、客の見えないところでやるものだ。

 誰も文句は言わないらしいので、ここに書いておく。
画像

■粉チーズ1回分の原価は10円
 ところで・・・ここまでケチに徹さなくてはならいほど原材料が高騰していると言うのなら、客が粉チーズを1人1回使った場合の原価はいくらほどなのか。おおざっぱな計算をしてみる。

画像 日本の飲食店や家庭で使われている「粉チーズ」は、ほとんどがアメリカ産の「パルメザンチーズ」で、「クラフト」と「メッサーナ」が二大ブランドだ。値段をAmazonで調べると、メッサーナの業務用パックの454g×2本で2150円と出てきた。飲食店がAmazonから仕入れるとは思えないが、これより高い仕入れ値ということはないだろう。1gあたり2.37円になる。1人1回の使用量が4gだとして9.48円だから約10円。この店のメニューは、スパゲティやオムライス、カレーなど650〜700円だ。10円のコストを吸収できないのか? ナポリタンやミートソースには粉チーズが必須だが、オムライスやカレーにみんながみんな、粉チーズを使うわけでもないだろう。(ワタシは、カレーに粉チーズを掛けたいなどと思ったことは一度もない) 

画像 同じパルメザンチーズでも、メッサーナよりもクラフトのほうが若干値段が高い(味が良いのかどうかはわからない)。2kg入りの業務用パックで買っても、1gあたり2.53円する。これだと、4gで10.12円なので、1人1回の原価が10円を少し超える。それにしても、どんな原価構成で経営しているのかは知る由もないが、1回10円の粉チーズ代をケチるな!と思うのが、正直な気持ちだ。

画像 一等地だし、そこそこ有名店でもあるし、一見相手で商売が成り立つから、こういうケチなことをしても客離れにはならないと踏んでいるのだろう。そういう考え方自体が、私の思う「あるべきサービス業の姿」とは、相いれない。

■粉チーズ1回の使用量は4グラム?
 上記では、粉チーズ1人1回の使用量を「4グラム」として計算した。これは、我が家で常備している「クラフト・パルメザンチーズ」の卓上ボトル(80g)を使い切る間隔が、およそスパゲティ20皿分程度であることを根拠にしている。正確に測ったわけではなく、体感的なおよその数値なので、論拠として弱いと言われれば、まぁ、そうだろう。スパゲティ一皿に粉チーズをどれくらい散布するものなのかは、そのうち自宅で実測し、結果を報告したい。

 けれども、上に書いたように、パルメザンチーズの仕入れ原価が1g=2.5円程度であることに、変わりはない。1回の使用量が6gであろうと8gであろうと、原価が5〜10円程変動するだけ。しかも、チーズの使用量は個人差も大きい。この程度のコストを吸収できないのか。できないなら、カウンターにチーズを置いたままにするのをやめるのがスジだろう、ケチなマネは印象がよくないぜ、というのが本稿の趣旨です。






Messana (メッサーナ) パルメザンチーズ 454g 2本
Messana (メッサーナ)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Messana (メッサーナ) パルメザンチーズ 454g 2本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



クラフト)クラフトパルメザンチーズ 80g
クラフト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by クラフト)クラフトパルメザンチーズ 80g の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
 いつも、楽しみに拝見しております。
 この記事は一読してからずっと、ついつい考えてしまっておりました。2年ほど前に“上京”した時、とりあえず食べていくには?と考えたのですが、新橋など都心部なら、とにかく“時給が高い!”。
 ・・・・でも、マテ待て・・・、それじゃあ、どこに住めばいい??・・・。結論、少々時給が高くても、都心には住めない(家賃がそれ以上に高い)。
 都心部の飲食店や小売店、時給1,000円台は当たり前、おまけに往復交通費支給も当たり前なのでは・・・。
 パスタ一食分のうち、人材費の占める割合がベラボウだ。けれども、バイトの時給はそう簡単にカットできない・・・。→粉チーズ代をケチりたい、
 という発想にならざる得ないのでは?。
 (それでいい、とは思いませんが)
ごろごろ
2014/09/30 07:25
コメントありがとうございます。おっしゃりたいこと、わかります。

本記で書いているように、ケチるのが悪いわけじゃないんですよ。ケチに見られるようなことをしていたら、もてなす気持ちがないと思われてしまう、と。粉チーズの使用が本当に経営を圧迫するのなら、対象料理と一緒に出し入れするという「一手間」をかけるべきでしょう。それをせずに店の都合を客に押し付けるのは感じが悪い、そう思ったのでした。
海ラジ
2014/09/30 08:57
いや、これ、ボトルで置いておいたり、渡すと
「1回ボトル半分」とかかけちゃう非常識さんが
都心だとゴロゴロいるからでは?

吉野家の紅生姜、一風堂のもやし、豚骨ラーメン屋さんの
高菜、かつやの漬物然り。

かつやに入った時、自分はまだ一口も漬物を食べてない
のに、前の人が一壺分全部空にしていて、「すみません、
漬物がないんですが〜」と店の人に言ったら、漬物壺の
交換ではなくて「一壺食べてしまった方には、お皿で
提供する事になっております」と言われ、小皿に軽く
少なめに盛られた漬物を出されましたよ。

自分じゃなくて前の人だって!
と思いましたが、同時に、一壺食べちゃう人用のマニュ
アルがあるって事は、一壺食べちゃう人がざらに居るんだ
なぁと思いました。

「無料のモノなら常識はずれな量を請求して当たり前、
タダと思ったら食い荒らす」って考えの人って、日本人
には割といますから。
ゆうたった
2015/05/31 03:19
コメントありがとうございます。
一般的な常識・良識が通用しない人がそれなりの数いて、経営を脅かしかねない状況だ、ということですね。客のレベルの低さが店主にもてなしの気持ちを萎えさせている、ということも言えるのかもしれませんね。(ブログ筆者)
海ラジ
2015/06/01 13:23
はじめまして。お邪魔します。
海ラジさんの問題提議、大変興味深く読ませてもらいました。都市部であろうと地方であろうとやっぱり非常識な客はいますね。牛丼屋で具が見えなくなるほど紅ショウガを盛る客はざらに見かけます。しかし、海ラジさんがおっしゃるようにパスタ料理の時だけ客に渡すようにすればいいのです。多くのお店はそうしてます。そういう接客努力をせずに、目立つようメニューの上部にしかも赤文字で強調するよう書かれると居心地が悪い物です。まぁその程度の店なんでしょう。写真から店内の閉鎖的な空気が伝わってくるのは私だけ?
べらぼう
2015/08/18 05:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
粉チーズをケチるな・・・「ケチ」と「おもてなし」は対極、というハナシ 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる