旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 札幌にて・・・「建国記念の日」に見聞きしたこと

<<   作成日時 : 2015/02/11 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 雪まつり会場として大賑わいの大通公園を横目に札幌の中心部を歩いていたら、車道を風変わりなデモ隊がやってきた。先頭を大型拡声器付きの街宣車、それに続いて100人ほどの隊列が日の丸の小旗を振りながら行進している。街宣車の拡声器は、おおむねこんなことを繰り返している。

 「きょう2月11日は、建国記念の日です。日本国の誕生日を、お祝いしましょう。おめでとうございます。おめでとうございます」。



 意味がわからん。何がめでたくて、何がおめでとうなのか。デモというのは、原発反対だの消費増税反対だの夫婦別姓反対だの改憲断行だの、何らかのスローガンと明確なメッセージを打ち立てて、それに賛意を募るべく外を練り歩くものだろう。悪評高いヘイトスピーチだって、下劣極まりないながら一応の主張はあるわけだが、「日本国の誕生日をお祝いしましょう」と言われたところで、「建国記念の日」として祝日制定されているのだからそんなことは知っとるわい、というだけの話だろう。それをわざわざ街宣車を繰り出して、デモの道路使用申請をして、従順、服従、反自由、反民主主義のシンボルである日の丸を振りかざすこの団体の意図するところは何なのだろう。

 「建国記念の日」と言うからには、日本が建国された日を祝うのだろう、くらいのことは誰でも知っているだろう。だが、その正確な由来を知る人はそう多くはないのではなかろうか。私も、大人の年齢になって自分で調べるまで、まったく知らなかった。妻に聞いても「知らない」というし、子どもたちも、学校でそんなことを教わったことはないという。大日本帝国憲法が公布された1889年2月11日にちなむ、という説明を聞いて「なるほど」と思ったこと記憶があるが、これは正確ではない。

 「建国記念の日」の正確な由来は、紀元前660年に初代天皇である神武天皇が即位したとされる日、である。古事記、日本書紀の記述がその根拠とされる。明治政府が旧暦を新暦に換算し、2月11日を神武天皇即位の日と定め、この日を「紀元節」として祝日とした。1873年のことである。戦後、GHQにより紀元節を祝日とすることは禁止されるが、自民党などの強力な復活運動と度重なる法案提出により、1966年に「建国記念の日」として復活した。

 だが、歴史学の世界では、即位の日どころか、神武天皇の存在自体が極めて疑わしい、と言うよりも、ほぼ否定されていると言っていい、というのが正確な状況のようだ。古事記や日本書紀に記載のある神武天皇は、神話、つまりおとぎ話に過ぎないというのが、歴史学の常識となっている。だから、神武天皇即位について歴史授業で教えることはなく、建国記念の日の由来について語られることもなかったのだろう。「架空の天皇が即位したとされる架空の日」(岡本雅享・福岡県立大准教授)だから、その由来に立ち入れば、かえって「記念日」の根拠が揺らぎかねない、そういう配慮が、もしかしたらあったのかも知れない。

 紀元節の制定は、幕府から権力を奪った明治政府が、自分たちの支配の正当性を主張するために天皇の力を利用し、それが紀元前の昔から連綿と続くものであるという物語を必要としたからだろう。たとえそれが、科学的にどれほど根拠を欠くものであったとしても。しかし、戦前の「万世一系の天皇之を統治す」(大日本帝国憲法)の時代ならいざ知らず、民主主義と国民主権を国是とする近代国家において、2600年も前の「架空の天皇が即位した架空の日」を建国の日として祝えと言うのは、異様を通り越して、ひどく滑稽な話に私は思えてならない。中国が、始皇帝の生誕なり即位なりを祝っているか。エジプトが古代王朝ナルメル王の即位日を祝っているか、という話である。

 建国記念日に相当する祝日を制定している国は多いが、ほとんどの国は、近代国家としての統治機構が確立した日を、その日としている。アメリカは1776年7月4日、イギリスに対して独立を宣言した日がその日だし、メキシコは1810年の独立革命が始まった日、フランスは1789年にフランス革命が始まった日だ。どれも、検証可能な近代の年月日であり、それが世界の常識だ。中国は、1949年に天安門で中華人民共和国の建国が宣言された10月1日が国慶節(建国の日)だ。

 ひるがえって、冒頭に書いた「日本国の誕生日です。お祝いしましょう」というデモのおかしさである。国民の多くが祝日の由来を知らない2月11日だ。「お祝いしましょう」と訴えるのなら、紀元前660年に神武天皇が即位した日だとはっきり言えば良いのに、なぜそうしないのだろう。初代天皇神武以来125代にわたって続く天皇家の持続を祝い、皇統の未来永劫を願うのが2月11日であると、どうしてそう言わないのだろうか。「架空の天皇が即位したとされる架空の日」を祝いましょうというのは、神話や宗教の次元としてはありで、それをアピールする行動は表現の自由の範囲ではあるだろう。だが、そういういわれを一切語ることなく、ただひたすら「お祝いし魔法」「おめでとうございます」と繰り返すのは、余計なことを考えずにめでたい日なんだからありがたがれ、と言っているのに等しく、気持ち悪いと言ったらない。そして、そう呼びかける人たちが大きく掲げ、手に持っているのが「日の丸」だ。

 先月、札幌市の成人式で式典参加者に日の丸小旗が配られたことに振れ、「日の丸は国家に対する従順と服従のシンボルだ。”自立した市民”としての門出を祝う場にはふさわしくない」というようなことを書いた。従順と服従。余計なことは考えなくていい。「お祝いしましょう」との呼びかけに、成人式での日の丸配布とまったく同じ気持ち悪さを感じた。






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
札幌にて・・・「建国記念の日」に見聞きしたこと 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる