旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 首里城にて

<<   作成日時 : 2015/03/27 23:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

画像 沖縄に来ている。今回は、子どもたちの春休みに合わせた家族旅行。3月末の沖縄はもう海水浴シーズンが始まっていて、東京の初夏のような天候、と聞いていたが、期待のわりには、けっこう寒い。風が強く外で半袖は辛かったりとか。春の天候が年によって振れ幅が大きいのは全国共通ということだろうか。

 沖縄が初めてという子どもたちのために、那覇の定番観光スポット、首里城へ行く。明治初期まで500年にわたって続いた琉球王朝の国王が居住し、施政を行った、文字通り「王国の象徴」だ。当時の建屋は戦災ですべて失われ、現存する建物は戦後に復元されたものだが、赤を基調とした堂々たる風格は、ここに王国が確かに存在したという証しとともに、それが中国の影響を強く受けていたであろうことを思わせる。

 城内の展示室にある説明では、当時の琉球王国が、中国(明・清朝)と日本(江戸幕府)との間でいわば「等距離外交」の姿勢を取っていたことがよくわかる。たとえば、徳川将軍や琉球国王の代替わりに際しては江戸まで使節団を送っていたし(江戸立)、首里での琉球国王の即位は中国皇帝の名において執り行われ、式には中国から使者が参列していた。「沖縄は明治初期まで独立国だった。明治政府の琉球処分によって無理矢理日本の一部にさせられた」というのは、日本に対する沖縄の独自性を強調する文脈においてしばしば言われることなのだが、首里城の展示室を見ていると、なるほどそうなのだな、という気にさせられる。

 けれども、そこで一つの疑問がわく。琉球は江戸時代に薩摩藩島津の侵略を受け、薩摩藩の支配下にあったのではなかったか。江戸幕府の統制下にある藩の支配を受けながらも「独立国だった」とは、どういうことなのか。

 その疑問は、城内のギフトショップで売られていた中学生向けの歴史書「改訂 ジュニア版琉球・沖縄史」(新城 俊昭著)を読んで、ようやくすっきりとした。同書に書かれていることを簡単に要約すると、こういうことになる。薩摩藩は琉球を侵略し、支配下においた。薩摩は琉球の検地を実施し、年貢を納めさせ、琉球王府の役人を「国質」として鹿児島に常駐させ、江戸幕府の政策であるキリスト教禁止も琉球に浸透させていた。完全な属国、領土の扱いである。一方で薩摩藩は琉球を独立した王国として存続させ、特に中国に対しては、琉球に幕府の支配が及んでいることを隠匿しようと様々な策を講じた。中国はそれを見抜いていたが、江戸幕府との関係悪化を避けるため、それを黙認した。上述の江戸立の際には薩摩藩の役人が同行し、琉球の使節にわざわざ中国風の格好をさせ、琉球が異国であることを沿道や江戸の大名・住民に印象づけたのだという。異国を支配しているという実績が、藩の権威を高めることになるからだ。

 琉球は明治初期まで、独立国として存在していた。だがその実態は形式的なものにすぎず、実態は薩摩藩ならびに江戸幕府の支配下で属国という扱いを受けており、本来の意味での独立した王国ではまったくなかった・・・これが事実のようだ。

 なぜこんなことがずっと気になっていたのかというと、最近、「沖縄は日本よりも中国との結びつきが歴史的に強かった」「沖縄は中国に帰属すべきだ」「沖縄県民は独立して中国の支配下に入ることを望んでいる」という根も葉もないウワサやデマを半分本気で信じる人がそれなりに存在するからである。沖縄県民自体にそんな意識は毛頭ないのだが、沖縄を毛嫌いする本土の一部の人間に、こういうウワサ・デマは受け入れられやすいようだ。歴史をひもとく限り、少なくとも1600年代以降、沖縄は完全に日本の支配下にあり、その点で「沖縄は歴史的に日本領である」という主張には不確かさは一点もない。

 日本の一部にはびこる沖縄異国論、中国帰属論は、沖縄に米軍基地その他迷惑施設を押しつける、沖縄差別の源泉になっていやしないだろうか。「アイツらは日本人じゃない。だから、迷惑施設はみな沖縄に押しつけてしまえ」。口には出さずとも、そういう発想がありはしないか。「沖縄は歴史的に間違いなく日本の一部である」という事実とまず向き合い、沖縄を日本の一部としてきちんと扱われているかどうかを見つめ直してみるべきなんじゃないか、と思った。


改訂 ジュニア版琉球・沖縄史
編集工房 東洋企画
2014-12-18
新城 俊昭

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 改訂 ジュニア版琉球・沖縄史 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



教養講座 琉球沖縄史
編集工房 東洋企画
新城 俊昭

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 教養講座 琉球沖縄史 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



高等学校琉球・沖縄史
編集工房東洋企画
新城 俊昭

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 高等学校琉球・沖縄史 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



沖縄の不都合な真実 (新潮新書)
新潮社
大久保 潤

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沖縄の不都合な真実 (新潮新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
不勉強なのか、琉球政府の立ち位置は、初めて聞きました。
一方「沖縄は中国に帰属すべきだ」については、明治政府への併合を嫌った琉球人の一部が、中国(台湾?)に政治移民した記念写真を県立博物館で見た記憶があります。
また、仕事上のお客様で奄美大島出身の片がいらっしゃったのですが、奄美の短期間のアメリカからの占領解放の際、日本にも中国にも帰属せず、奄美単独で独立すべきだ・・・という行動を起こして、警察のお世話になった話も聞いたことがあります。
琉球は日本に属するべきではない、と言う考えは、どの程度の少数派かわかりませんが、諸島全体にあったようですね。
マツダ道路スター
2015/03/28 14:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
首里城にて 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる