旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS <速報>広島空港でのアシアナ機事故について

<<   作成日時 : 2015/04/15 01:21   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 深夜に帰宅して、録画しておいたニュースを見て、広島空港でのアシアナ機の事故のことを知った。ずっと会社にいて、テレビもラジオも点いていたのに速報が鳴った記憶がない。携帯電話にも速報が入って来ていない。ただちに速報すべき内容と思うが、どうしたのだろう・・・。

 それはさておき、TBSのニュース(取材はRCC中国放送)で流れていた乗客のインタビューから、気づいたことを2点ほど。

>酸素マスクが落ちてきた、との証言
 乱気流程度の揺れじゃ、酸素マスクは落ちて来ない。かなりの衝撃で、滑走路にたたきつけられたものと思う。成田のFDX機事故のように機体がでんぐり返しをせず、水平を保ったまま停止したのは不幸中の幸いとしか言いようがない。転がっていたら、翼のタンクから燃料が漏れ出し、エンジンに入り込んで引火、という身の毛もよだつ事態が十分に考えられただろう。

>非常口が開かないとCAがパニックになっていた、との証言
 パニックコントロールを十分に訓練されていない証拠。何をやってんだ、と思う。衝撃で扉が開かない、開きづらいというのはあり得ることだろうが、乗員が焦ってはいけない、冷静沈着に乗客を誘導しなくてはならない、というのは基本中の基本だろう。どういう乗員教育をしているのか。早く脱出しないと爆発する、という声が機内で上がっていたのも、問題だ。乗客の誰かが言ったことなのだろうが、「火災は発生していません。落ち着いて行動してください」と言うべきところ、適切な誘導ができていなかったのだな、と思う。

 アシアナ航空は2年前にもサンフランシスコで着陸失敗事故を起こしている。事故に際して乗員はどう行動すべきか、得るべき教訓、心得は多々あるはずだが、事故から学んでいないな、と思う。

 気になる事故原因だが、報道によれば、着陸進入時に空港の無線施設に機体の一部を接触させているという。だとすれば、正常な進入パスに乗れていなかったことは間違いなく、速度が低すぎて高度が下がってしまった、と見るのが普通だろう。SFOの事故とのあまりの類似に、逆に驚いてしまう。断言するのはまだ早いが、SFO事故と類似の事故原因であるとすれば、パイロットの技量に重大な疑義を抱かせるエアライン、ということになるのではないだろうか。

 それにしても・・・年末のエアアジア(インドネシア)に、こないだのジャーマンウイングス(フランス)、そしてアシアナ。A320の事故が続き過ぎだ。どうしたことだろう。【つづく
【Ocean Radio@2015】









A350XWB & AIRBUS Family (イカロス・ムック)
イカロス出版
2015-04-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by A350XWB & AIRBUS Family (イカロス・ムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



エアバスA380を操縦する―巨大旅客機の離陸から着陸まで (ブルーバックス)
講談社
キャプテン・ジブ・ヴォーゲル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エアバスA380を操縦する―巨大旅客機の離陸から着陸まで (ブルーバックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<速報>広島空港でのアシアナ機事故について 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる