旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ガソリンの携行缶販売について

<<   作成日時 : 2015/07/02 09:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 今回の事件を契機に、ガソリンの携行缶販売には何らかの規制をかけるべき、という議論が出てきてもおかしくないのではないだろうか、と思っている。(写真はウィキペディアより転載)

 冷静に考えればわかるが、ガソリンはとんでもない危険物だ。市民が普通に入手できる可燃物としては、危険度が図抜けて高い。揮発させると、特にヤバい。今回の件は、衝動的要素の強い犯行だったためあの程度の被害で済んだが、知識のある者が周到に準備してガソリンテロを企てたら、身の毛のよだつほどの大惨事となる。冗談ではない。

 もちろん、携行缶販売も自動車用の予備燃料とか、自動車以外の、発電機や除雪機に使うとか、必要性があって行われていることだから、過度の規制強化は市民生活や経済活動に支障を来してしまうだろう。今でも、自動車に給油する以外のガソリン販売は、金属製の携行缶のみ、それも対面販売しか認められていない。それなりの規制はあるのだ。利便性を損なわずに規制を強化する手段としては、販売時に運転免許証を確認して番号を控える、くらいだろう。計画的な犯行には立ち打ちできないが、衝動的犯行を防止する効果はある。検討されてしかるべき、と思う。

 そして、きのうも書いたが、鉄道のような交通機関でテロを根本的に防止する手段は、残念ながら存在しない。利用者自身が、危険性を察知し、自分や周囲の命を守る、そういう心得を持つことこそが、最も効果的な安全対策だ。
【Ocean Radio@2015】





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガソリンの携行缶販売について 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる