旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 苫小牧沖のフェリー火災事故について

<<   作成日時 : 2015/08/01 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

苫小牧沖で発生したフェリー火災事故、消化に当たった乗員1名が行方不明という大変不幸な事態になっているが、1万トン級の大型船が内部全焼、総員退船という事案の深刻性を考えれば、乗客に1人のけが人も出さずに到着できたというのは、奇跡に近い結果だと思う。船長の適切な判断・指揮と乗員の迅速な避難誘導の成果であり、それ事態は大いに賞賛されるべきである。その上で、今後検証されるべき気になる点を、いくつか挙げておきたい。

・全乗客生還は賞賛されるべきと書いたが、これについて、船長指揮や乗員の練度などヒューマンリソースによるものと、偶然重なった幸運によるものとを、切り分けて考えるべきである。今回の件で言えば、火災発生が夜間だったら、波が高く船体や救命艇が波浪に揉まれるような状況だったら、付近を航行中の船舶がなく救命艇が長時間漂流するようなことになったら、いくつもの「もしも」が考えられる。そうなったときに、どんな被害が起こり得て、船長や乗員はどう行動すべきなのか。ちゃんとしたシミュレーションが行い、今後の教訓とせねばならない。

・そもそも、火災はなぜ起きたのか。車両甲板積載の保冷トラックの冷凍機が疑われているが、原因は何か。機器異常による過熱か、漏電か。車両側の機器か、船側の設備の問題か。火元は激しく焼損しているだろうから特例は困難を極めるだろうが、今後のために徹底調査がなされなくてはならない。

・火災はなぜ燃え広がったのか。初期消化になぜ失敗したのか。自動車を運ぶわけだから、火災は想定され、十分な防火対策が取られていたはずである。それが有効に機能しなかったのはなぜか。手遅れの事態になぜ陥ったのか。火災感知・消化システムが機能不全を起こしていたのか。なんらかの法令違反があったのか。それとも、そもそもの火災想定が現実と合っていない、つまり国や船会社が定めている安全基準が甘すぎだったのか。

・こういう火災事故があった以上、現状のフェリーの防火対策に不備があるのは明らかだ。冷凍機や電源装置などの熱源には個別の火災感知器を付けるなど、追加の安全対策が早急に検討されねばならないだろう。

・最後に、積荷のトラックや乗客の手荷物にどれほどの被害が出ているのか。どういう形で補償されるのか。命が助かったからそれでいいでしょう、という話じゃない。荷主から預かった大事な商品や、大事なマイカーやら旅荷物やら思い出の品やらが、あらかた燃えてしまったはずだ。休暇旅行で乗船していた人にとっては、たまったものじゃなかろう。輸送機関の責任と、利用者が負担すべきリスクとを切り分け、旅に潜むリスクにどう備えるべきか、メディアがきっちりと取材し、伝えるべきだろう。

以上。

繰り返しだが、全乗客生還という結果は、世界に誇れることだ。海運立国の伝統の成果と言ってもいいだろう。けれども、その伝統の中で洞爺丸事故などいくつかの大惨事を経験し、多大な犠牲を出し、その教訓を生かそうとして来たことの結果であることも忘れてはならない。

過去から学ぼうとしない人は、同じ過ちを繰り返す。
【Ocean Radio@2015】






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
苫小牧沖のフェリー火災事故について 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる