旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京に大雪が降るとこういうことになる・・・というハナシ

<<   作成日時 : 2016/01/18 23:00   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 東京地方で今年初の積雪となったけさ、いつもより15分ほど早く自宅を出た。電車ダイヤが乱れているとは聞いていたが、幸いにも午前中は時刻の決まったスケジュールはない。遅刻もやむなし、のつもりだった。

 東急目黒線のB駅に行くと、都心方面の電車ホームには規制がかけられ、階段が上り下りに分離されている。下りの階段は、頂上付近まで人の列だ。ホームに下りて見ると予想どおり、立つスペースがほとんどないほどの人の波。電車は5分おきくらいにやって来るが、手前の駅で大量に乗せて来るため乗り切れず、1度に乗れるのはドア一箇所につき4〜5人。それでも、人やら荷物やらを挟み込んでドアが閉まらず、なかなか発車できない。ダイヤの乱れがさらに加速して行く。

 既視感のある光景だと思った。思い出したのは、2013年10月の台風26号上陸のときのことだ。多くの電車線は前日に始発からの運休を決め、その後運転を始めたものの徐行や間引き運転のために通勤客をさばくことができず、各駅は大混乱になった。入場規制をした駅も多かった。

 私の場合、電車に乗るまでに待つこと50分、乗ってからも徐行運転などのため時間がかかり、日比谷駅近くのオフィスまで、いつもは40分のところ、1時間半かかった。たどり着くだけで疲れた。それでも、駅の外で待たされなかっただけ、まだマシと言える。

 今回も多くの駅が入場を規制した。駅前に列が何百メートルとか、電車に乗るまでに2~3時間という駅もあった。3年前の台風とまったく同じだ。寒さと降りしきる雪や雨の中で待たされるのだから、なお悪い。常日頃、容量いっぱいの乗客を運んでいる電車路線が、半分以下、路線によっては2~3割の輸送力となるのだから、いつもと同じ通勤客が駅に押しかければ溢れて大混乱になるのは当然のことなのだ。テレビやネットでは、プラットフォームや駅周辺を膨大な人が埋め尽くしている尋常じゃない様子の画像がいっぱい出ていた。テレビも新聞もそれなりのスペースを充てて分析をやっていたから、通勤客のこの大混乱ぶりは問題だ、繰り返してはならない、という認識は誰もが持っているのではないかと思う。

 前にも書いたことだが、電車がいつものようには動いていないことがわかっているのに、自分も含めてだが、なぜ人は職場に向かわなくてはならないだろう。休む、あるいは電車が平常を回復するまで自宅で待つ、という判断がなぜできないのだろう。けさ、駅に向かった人たちの2人に1人、あるいは3人に1人でもそういう判断ができていたら、あそこまでの大混乱にはならなかっただろうに。普段なら数十分の通勤時間が、2~4時間かかる、それも寒さや雨の中で長時間待たされる、その事実だけで、「出勤不能」に該当するに十分だと思うが。

 そして思うのは、鉄道会社はもっと詳細な運行情報を出すべきだし、行政は出勤を控えるように呼びかけるべき、という点だ。単に「ダイヤが乱れている」ではなく、「通常の何割の本数にしている」「駅での待ち時間はどれくらいかかる」、こういう具体的な情報が出ていれば、出勤を控えた人ももっといただろう。行政の呼びかけがあれば、休んだり待機するという判断もしやすくなる。あの大混乱の中で無理を押して出勤したところで、関係者も出社困難なのだから、まともに仕事などできないのだ。仕事になる・ならないではなく職場に行くことが大事、なんて考えはもうやめてはどうか。

 台風や大雪でダイヤの乱れが避けられないときは、出勤を控えよう。ダイヤが回復するまで待とう。鉄道会社はそのために細かく情報を出し、行政も出勤自粛を呼び掛けよう。学ぶべき教訓とは、そういうことなのではないだろうか。
【Ocean Radio@2016】




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京に大雪が降るとこういうことになる・・・というハナシ 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる