旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「急行はまなす」最後の旅【1】・・・ホテルが取れず青森夜行へ

<<   作成日時 : 2016/02/12 23:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像 11日夜、札幌駅を午後10時に出る「急行はまなす」で東京に向かった。

 急行はまなすは、札幌と青森を結ぶ夜行急行列車。寝台+座席車で同区間を約7時間半(2015年度ダイヤでは北海道新幹線工事の時間確保のため約8時間20分)で走る。国内最後の定期急行列車であり、国内最後の客車による定期列車であり、さらに国鉄型寝台車両を使用する最後の列車であり、北海道にとっては最後の定期夜行列車、と「最後の」が4つも付く貴重な列車だ。だが、北海道新幹線の開業に合わせ来月20日に廃止が発表されており、この列車に乗れるのはあと1か月ちょっとである。長い出張の疲れもあるのでホテルに1泊して翌日の飛行機で帰りたいところだが、予定外に滞在が延びたこともありホテルがとれず、夜行列車移動にした。が、雪まつり期間の札幌のホテルなんかよりも、この列車の寝台券の方がはるかに貴重だ。みどりの窓口で切符を入手したのが4日前。よく買えたものだと思う。

画像 市内でバタバタと仕事を片付け、札幌駅に着いたのが午後9時40分ごろ。4番ホームには既にはまなすが入線しており、「最後の姿」を収めておこうという人たちがあちこちに見えた。指定された寝台車に乗り込むと、「乗り納め」と一目でわかる人の姿が多い。私の車両は2号車。床下に発電機を搭載しない車両なのでエンジン音がしない。これはラッキー。荷物を自分の寝台席に置いた後、いったんホームから出て大急ぎで食料・飲料を調達し、再び乗り込む。この列車に接続する稚内〜札幌の特急スーパー宗谷が遅れたため接続を待ち、10分遅れの午後10時10分に発車。動き出すときに、ディーゼルや電車のような機関音が一切せずに静かにゆっくりと動き出すのが客車ならではだが、定期列車でこの感覚が味わえるのも、あと1か月ちょっとということになる。ホームの端ではカメラを構える人がそれなりにいたが、ちょうど1年前、上野発の北斗星に乗ったときの見送り客に比べれば、数分の1程度だ。

 動き出して、さっそく車内を1周して見た。この日は寝台車3両、指定席車4両(うち1両がカーペット車)、自由席2両という9両編成。「寝台車、指定席は満席です」というアナウンスが繰り返されていたが、指定席には空席もある。途中駅から乗って来るのだろうか。自由席車はデッキにそれぞれ2〜3人立っている人がいたが、よく見ると座席に荷物を置いて1人で2人分を占有している人もいる。詰めれば全員着席可能だっただろう。廃止間近の名物列車なので自由席は溢れんばかりの状態を想像したが、あすが平日ということもあるのか、着席の担保なく乗り込むような猛者はそう多くはないということだろう。企画切符が使える期間のこの列車の自由席の混み方は、こんなものじゃないらしい。

 自分の車両に戻り、通路の簡易腰掛けを出して遅い夕食のにぎりめしと缶ビールを開けた。列車は新札幌、千歳、南千歳と停車しながら、千歳線を南下して行く。iPhoneのGPSで確認すると、90km/h程度の速度が出ているが、床下にエンジンもモーターもないのでまったく音がしない。しかもロングレールのため「ガタンゴトン」のジョイント音もせず、氷の上を滑っているような感じだ。寝台車両内は、撮影機材を持った一見して「乗り鉄」と見られる乗客がほとんどなので、車窓を楽しみながら客車走行の風情を感じようという人がほとんどかと思っていたが、意外なことに、ほとんどの乗客が発車と同時に寝台に入ってカーテンを閉めてしまった。寝ているのか起きているのかは不明だが、寝台車を選ぶ人は最初から「寝る」つもりということだろうか。もったいない気がするが。かく言う私も、1週間の仕事の疲れから2本目の缶ビールを空けたところで寝台に倒れこみ、苫小牧到着を待たずに深々と寝入ってしまった。


画像
画像
▲▲先頭車両付近。発車の様子を撮影するために集まっている人たち。

画像
▲「急行はまなす寝台車」を示すエンブレムも、ボロボロ。

画像
▲運転終了を前に「撮りテツ」が増えているためか、このような注意掲示が。

画像
▲札幌〜上野の寝台特急「カシオペア」(こちらは臨時列車)も同時に運転終了となる。ディーゼル機関車・DD51と「カシオペア」乗車位置表示も、まもなく見納めだ。
画像
▲B寝台車。通路の簡易腰掛けを出して車窓を楽しむ人が多かったが、発車後ほどなくしてほとんどの人が寝台に入った。
画像
画像
▲▲増結指定席車とカーペットカー。どちらも満席。
画像
画像
▲▲指定席車両「ドリームカー」。配車となった新幹線車両のグリーン席が使われている。
画像
画像
▲▲自由席車。本文中にも書いたように、苫小牧・東室蘭などで下車する人も多く、函館到着時点で半分ほどになっていた。

【Ocean Radio@2016】




さよなら急行列車 (キャンブックス)
ジェイティビィパブリッシング
寺本 光照

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by さよなら急行列車 (キャンブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



消えゆく夜行列車 寝台特急「カシオペア」 (J-trainアーカイブス)
イカロス出版
2016-02-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 消えゆく夜行列車 寝台特急「カシオペア」 (J-trainアーカイブス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



寝台列車の図鑑
KADOKAWA/メディアファクトリー
栗原 景

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 寝台列車の図鑑 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



もう乗れない!見られない!寝台列車の旅 (Gakken Mook)
学研マーケティング
2015-10-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by もう乗れない!見られない!寝台列車の旅 (Gakken Mook) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
最後の国鉄型寝台列車・・・本当にさよなら
 「急行はまなす」最後の旅に話を戻そう。国内最後の客車列車の旅を楽しもうとできるだけ起きているつもりだったが、苫小牧手前から深く寝入ってしまったのは前に書いたとおり。 ...続きを見る
旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記
2016/02/14 12:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「急行はまなす」最後の旅【1】・・・ホテルが取れず青森夜行へ 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる