旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「稲葉事件」は終わらない

<<   作成日時 : 2016/03/04 23:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 地元北海道の、気になるニュース。

 道警元警部による「おとり捜査」で逮捕され、有罪確定・服役したロシア人の再審が決定したのだそうだ。再審事件は無罪となる可能性が高いから、再審開始が決定したということは、裁判所が道警の捜査手法に対してはっきりとノーの意思表示をしたということだろう。


 事件を首謀した捜査官とは、2002年に覚醒剤使用で逮捕され懲役9年の判決を受けた稲葉圭昭元警部だ。服役後に書かれた手記について前にも書いたことがあるが、その捜査手法の犯罪性、幼児性はコメディ映画やドラマも真っ青のヤバさ、「もう笑うしかない」レベルのものだった。今回再審開始決定となったのも、そういう一連の笑うほどヤバイ事件の一つである。稲葉元警部は自らの捜査協力者に依頼してロシア人に拳銃を密輸させ、取引現場に現れたロシア人を銃刀法違反で逮捕してしまった。刑事ドラマならありがちな話だが、こういうことが現実に起きていたというヤバさに、驚きだの呆れ怒りだのあらゆる感嘆表現を通り越して、カラカラと乾いた笑いを浮かべるしかないような気分に、私はなってしまう。

 見逃してはならないのは、元警部によるこれら一連のやらせ捜査や事件のでっち上げが、すべて、一つの例外もなく、職制を通じた指揮命令において為されたことであり、道警という組織ぐるみの犯罪だったということだ。そして元警部は、捜査人脈を通して覚醒剤に手を出すようになり、やがて逮捕される。道警幹部にとっては、覚醒剤は渡りに船だっただろう。これで一連の違法捜査を、1人の不良刑事がやったことにして蓋をできるからだ。覚醒剤事件の公判で、元警部は自分がやってきたことを洗いざらい証言したが、上司たちは知らぬ存ぜぬで通し、道警の組織犯罪はけっきょく、闇に葬られることになった。

 再審の過程で「道警の犯罪」が明らかになることを期待する向きもあるとは思うが、見込みはあまり高くないと思う。再審対象となった事件は1997年のものだ。19年経っている。当時を知る道警幹部たちはみな退官しているだろうし、道警は「関係した者がいない」「記録がない」でいくらでも逃げが打てる。放っておいても無罪になるような事件だ。そこに敢えて弁明するようなメリットは道警にはないし、退官した幹部たちが法廷に出て過去の罪を洗いざらいぶちまけるメリットがあるかと言えば、それもない。裁判所はおそらく、このやらせ捜査が道警の組織ぐるみのものだったことを認定するだろうが、道警にとっては「過去の話。今はそんなバカなことは一切しちゃおりません」と言い通すだけのことだろう。

 あまりにも、時間が経ち過ぎてしまった。うがった見方をすれば、裁判所は、いまの時点で「過去の組織犯罪」を認定したところで、道警にとっては痛くもかゆくもないことをわかった上で、再審開始を決定したのではないだろうか。

 稲葉圭昭元警部の手記には、道警という組織が、自分たちのためならば、でっち上げ、冤罪逮捕、事件の放置、あらゆる犯罪行為をいとわない暴力集団であったことが赤裸々につづられている。この体質が、10年や20年で変わるようなものとは、とても思えない。再審の課程で明らかになる事実を、現在の道警にどうあてはめて見ることができるか。同じようなことが繰り返されていないか。見るべきところは、そこだろう。「稲場事件」は終わらない。終わらせてはならない。再審決定が発するメッセージは、そのことだろうと思う。
【Ocean Radio@2016】



恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白 (講談社文庫)
講談社
2016-01-15
稲葉 圭昭

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



警察と暴力団 癒着の構造 (双葉新書)
双葉社
稲葉 圭昭

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 警察と暴力団 癒着の構造 (双葉新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



警察捜査の正体 (講談社現代新書)
講談社
原田 宏二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 警察捜査の正体 (講談社現代新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



警察崩壊 つくられた“正義"の真実
旬報社
原田宏二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 警察崩壊 つくられた“正義


<!--shinobi2--

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「稲葉事件」は終わらない 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる