旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 札幌〜クアラルンプール片道500円・・・なわけがない!

<<   作成日時 : 2016/08/24 23:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 エアアジアXが新千歳空港就航1年の記念に、新千歳〜クアラルンプールを片道500円で売り出す・・・というのが、地元の新聞やラジオでちょっとした話題として取り上げられていた。

 このニュース、「片道500円」と言うが、冷静に考えてみたら、そんな金額でマレーシアまで行けるはずがない。燃油付加運賃(サーチャージ)、空港使用税、発券手数料、手荷物受託手数料、座席指定手数料、機内食料その他その他その他、総額にしたら、普通にチケットを買うよりは安いにしても、そこそこの金額になるに決まっている。総額でおよそいくらになるか、なりそうか、という最も大事な情報を、なぜメディアも調べて伝えようとしないのだろうか。もしかして、記者やラジオの喋り手たちまで、本当に片道500円で済むと思っているの?

画像 しょうがないので自分で調べてみた。エアアジアのサイトから予約してみる。閑散期と思われる9月21日(水)の新千歳発クアラルンプール行き。9時20分発で到着が17時ちょうど。時差が+1なのでブロックタイムは9時間20分。飛行時間はおそらく8時間半程度。長い。やはり北海道からマレーシアは遠いのだ。肝心の料金は、運賃が15867円に空港税が1133円。受託手荷物、機内食、普通席の座席指定料を合わせたバリューパックが5800円で、合計22800円。と言うことは、片道500円でチケットを買うと、実際にかかるのは空港税+バリューパックで約7000円、合計片道7500円はかかりますよ、ということ。500円でマレーシアまで、行けるわけがない。もちろん、バリューパックの5800円はオプションだが、海外に行くのにスーツケースを預けないわけに普通はいかないし、8時間半のフライトでメシを食わないわけにも、普通はいくまい。エアアジアは国内線も国際線も飲食物持ち込み禁止なので、オプションの機内食を購入しない限り、飢えと渇きにひたすら耐えて飛び続けることになる。

 この金額、どうとらえられるのだろう。「片道500円と言ってるのに実際は7500円もかかるなんてヒドイ、サギじゃないか」と思うか。意外と安い、と思うか。もしかしたら、500円というのは片道1回分のみで、帰りは通常運賃をお支払いただきましょう、ということかも知れない。このへんの、キャンペーン運賃の詳しい適用条件は、あちこち検索してみたが見つからなかった。片道500円のチケットがどれくらい売れるのかも含め、ぜひ地元メディアに取材してほしいと思う。

■意外と安い新千歳発のエアアジア国際線
画像 それにしても、意外と安いな、というのが正直な印象。エアアジアの運賃をちゃんと調べたのはずいぶん前だったが、そのときは「それほど安くないな」という印象を持ったような記憶がある。閑散期の9月の平日出発、しかも日本人利用の少ない新千歳発着便ということがあるのだろうが、片道運賃がコミコミで約23000円、往復約5万円というのは、8時間超のフライトタイムを考えると、かなり安い。しかも、表示される運賃が燃油付加運賃(サーチャージ)を含んだ「オールインワンフェア」で、その他の必須オプションも「バリューパック」として1本化されているわかりやすさがいい。5年前のことだが、ジェットスターで成田〜ケアンズ片道8000円のチケットを買ったところ、サーチャージその他諸々の総額で片道33000円くらいになり、「ボッタクリだ!」と苦笑いしたことがあった(片道8000円でオーストラリアまで行けるはずがないから、まぁこんなもんだろうと最初から予想していたが)。そういうわかりにくさを回避しようとする、ある種の誠意のようなものは感じられる。

画像 同じ区間をFSC(フルサービスキャリア)で飛ぼうとすると、大韓航空で62000円、ANAで67000円、JALで82000円だ。しかも、ソウルや羽田・成田で乗り換えとなる。国内に比べて海外旅行の一般的な敷居の高さが、特に道内では相変わらずのような気がするが、こういう料金の安さ、気軽さがもう少し道民の知るところとなり、旅行需要が喚起され、多くの人が海外に出かけるようになればいいのにな、と思う。

 海外旅行、楽しいですよ。
【Ocean Radio@2016】


新千歳―マレーシア片道500円 就航1年、25日販売
08/24 07:00、08/24 18:49 更新
 マレーシアの格安航空会社(LCC)エアアジアXは、新千歳―クアラルンプール線の直行便100席の片道航空運賃(空港使用税などは別)を500円で提供する特別セールを行う。昨年10月の定期便就航から1年を迎えることを記念した。25日の札幌市内のイベントで販売する。
 直行便の利用者のうち日本人の比率は1割未満にとどまっており、同社は、破格のセールをきっかけに道内での知名度を高める狙いがある。今年1〜6月の利用者数は約6万5千人で、搭乗率は7割強だった。
 セールの渡航対象期間は26日から11月30日までで、複数名義の購入も可能。通常価格は片道1万7千円で、復路や乗り継ぎ便は、別途購入が必要となる。
 販売イベントは25日午前11時45分からサッポロファクトリーアトリウム(札幌市中央区北2東4)で開き、正午から販売開始する。問い合わせは同社(電)050・6864・8181へ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
札幌〜クアラルンプール片道500円・・・なわけがない! 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる