旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 廃止間近の留萌線・記念乗車の旅へ

<<   作成日時 : 2016/11/20 23:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

画像 2週間後に廃止となる留萌線乗り納めの日帰り旅をしてきた。クルマで深川まで行き、深川発増毛行き普通列車4925Dに乗る。12月4日に廃止になるのは留萌線の留萌〜増毛だが、深川〜留萌も利用低迷のためJRが廃止バス転換を提案しており、近々廃止されることは間違いない。留萌線を完乗する最初で最後の機会と思い、深川まで出かけた。

 廃止間際の留萌線は同じような記念乗車組で週末ごとに大混雑、臨時列車を出すほどと聞いていたが、そうでもない。深川発の時点で6割ほど。留萌からはどっと乗り込んできた感じだが、それでも乗車率は8割ほどだった。

 11時8分発の4925Dはキハ54の3両編成。記念乗車組を収容するための輸送力アップかと思ったが、どういうわけか3両目はロープで閉鎖されて乗り込むことが出来ない。留萌で切り離すための回送扱いなのだろう。深川を出るとしばらくは、車窓に石狩平野の田畑が広がる。線形はほぼ直線でエンジン音も軽く進む。真布駅を過ぎると、勾配区間と急曲線が続く山間部。2本のトンネルで峠を越え日本海岸に向けて下り勾配を行くと留萌着。ここまで50.1km、56分の旅だ。車窓から、ほぼ並行する深川留萌自動車道が何度も見えた。通行無料で法定最高速度は70km/h。だが空いていれば乗用車なら100km/hは優に出せる。こんな立派な道路が整備されりゃ、鉄道の利用者は減って当然だよな、と思う。

 留萌で13分の交換停車。この間にやはり、3両目のキハ54が切り離されていた。留萌から今回廃止となる増毛までは16.7km、30分の距離だ。海岸線を曲がりくねりながらゆっくりと進む。この区間は悪天候や雪崩などで長期にわたり不通になることもたびたびあった。増毛町が廃止にすんなり同意したのも、鉄道輸送に対する期待値がそもそも下がっていたからではないか、と思えてくる。

画像 12時48分、増毛に到着。ホームには折り返しの4930Dに乗る乗客が大勢待ち受けていてそれなりの混雑だった。とは言え、大勢いるように見えても2両編成のキハ54に十分収まる程度。中をのぞくと空席はまだあるようだった。定刻の12時57分に、深川行き4930Dが発車。私はそれを見送り、約1時間後の13時53分に出発する臨時列車(増毛〜旭川・列車番号不明)で深川に戻ることにした。

画像 折り返しとなる留萌発増毛行きの臨時列車は13時44分発の予定だが、姿を現したのは13時48分すぎ。強風のためなのか徐行運転がかかっていたらしい。車内は3割程度の乗車率だ。記念乗車で乗客が殺到するからと設定された臨時列車のはずだが、PR不足なのか、そもそもの記念需要がその程度のものなのか、ちょっと拍子抜けした気分だ。が、車両はボックスシートタイプのキハ40なので、ワンボックスを1人で独占し、ローカル線気分を味わえるのは、それはそれでいい。臨時列車のため留萌、深川しか停車せず、途中駅をすべて通過して行く。停車駅がほとんど無いので案内放送も無く、エンジン音とレールのジョイント音に耳を傾けながら車窓を楽しむのは、それはそれでいい。

 15時15分に深川に到着。実質半日の記念乗車の旅は終わった。

【Ocean Radio@2016】


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ボーイング787は「失敗作」である
おもしろ
2016/11/25 06:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
廃止間近の留萌線・記念乗車の旅へ 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる