旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大スクープ事件の予感・・・オスプレイのフライトマニュアル流出

<<   作成日時 : 2017/02/04 23:00   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 3日発売の「週刊金曜日」に、MV-22オスプレイのフライトマニュアルの内容がスクープされているという。てっきり、アメリカ本土の情報公開制度で入手でもしたのかと思って書店で手に取ったら、実物の写真入り。しかも去年12月に沖縄で不時着大破したMV-22から流出漂着したものだという。

 ヤバいよ、これ。直感的にそう思った。

 フライトマニュアルとは、その機体の操作方法や非常時の対処方法、運用限界などが記されたパイロット必携の書類だ。「こうしてはいけない」「こうしたら墜落する」ということが書かれている。と言うことは、敵にとっては撃墜方法の指南書である。したがって、現役軍用機のフライトマニュアルなぞ、最高ランクの超機密書類のはず。脱出時に置き忘れた乗員のアホさには開いた口がふさがらないが(それほど逼迫した事態がだったということだろう)、それを拾って拾得物として届け出るのではなく記者にわたし、雑誌がその内容を報道したとなれば、タダで済むはずがない。たとえそれが、どんなに正当な報道活動だったとしても。相手は米軍だ。

画像  「拾ったのは誰か」「マニュアルの現物はどこにあるのか」「返せ」「返さない」という壮絶なバトルが始まるだろう。もちろん、これを書いた記者や掲載した出版社がネタ元や所在を明かすはずがない。が、公権力は「占有離脱物横領」や「日米地位協定違反」などありとあらゆる法テクを駆使して回収に乗り出すだろう。そうではないと、米軍様に面子が立たぬ。安倍トランプ会談を控えたタイミングだから、なおのことだ。記者の自宅や金曜日の編集部にガサくらいはかけるだろうし、場合によっちゃ、記者や編集幹部を微罪の別件で逮捕拘束し、事実上の活動停止に追い込むくらい、ヤルかも知らん。

 朝日新聞あたりなら、適当なところで穏便に白旗を上げるだろうが、週刊金曜日である。徹底抗戦の覚悟は決めているはず。ならば警察も防衛省も、手加減せずに徹底的にやるだろう。どこまで耐えられるか。そして、他のメディアや市民がどれだけ支えられるか。

 2017年最大のスクープ事件になりそうな予感がする。
画像

【Ocean Radio@2017】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大スクープ事件の予感・・・オスプレイのフライトマニュアル流出 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる