旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 国産ポテトチップス品薄でLAY'S輸入?

<<   作成日時 : 2017/06/11 20:06   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 ぶらりとコンビニに立ち寄ったら、LAY'Sのポテトチップスが棚に目立つように置かれて「新発売」のマークが付いていたので、驚いた。ついにLAY’Sが日本のコンビニに上陸。原料のジャガイモ不足で国産メーカーのポテチが品薄になっている影響なのだろうか。

 LAY'Sはコーラで有名なアメリカ・ペプシコグループのスナック菓子部門、フリトレー社が販売するポテトチップスの世界的ブランド。世界各地に生産・販売法人を持ち、ポテトチップスの代名詞のような商品。特にアメリカの影響の強い地域では、ポテチと言えばLAY'S、LAY'Sでなければポテチにあらず。

 ところが日本では、フリトレー社の日本法人ジャパンフリトレーがカルビーの子会社だということもあり、ポテチに関してはカルビーの市場支配力が圧倒的に強く、LAY'Sブランドは輸入食品店やディスカウントストアで目にする程度でメジャーな流通ルートに乗ることはなかった。そのLAY'Sブランドが日本のコンビニチェーンにも入って来たのだ。理由はおそらく、昨年秋の台風被害で原料のジャガイモが不足していることに起因する国産ポテチの品薄なのだろう。カルビーを筆頭とする国産メーカーがほぼ独占してきたポテチ市場に、ついに輸入品を入れざるを得なくなった。これは、ちょっとしたニュースである。

 実は私は、20数年前のアメリカ留学以来、LAY'Sの大ファンなのである。海外に行ったら必ず買って食べるし、持ち帰って来たりもする。と言うのも、LAY'Sとカルビーを食べ比べるとわかるが、ジャガイモの質感と言い、塩加減や油加減といい、LAY'Sとカルビーはかなり味が違うのだ。LAY'Sの味に慣れると、カルビーの味はなんとも物足りず、積極的に食べる気がしない。まぁカルビーとしては、日本の消費者の嗜好を長年研究し尽くした上であの味にたどり着いているのだろう。けれども、それはLAY'Sの味を知らない日本人が相手だったから。LAY'Sの味が広く知れ渡ったとき、日本の消費者はどっちを選ぶことになるだろう。

 もっとも、きょう店頭で目にした商品は、54gで159円もするので、ポテチの値段としてはかなり高い。台湾からの輸入品なのでそういう値段なのだろうが、カルビーとの味の違いに気づいて「LAY'S、うまいじゃないか!」という消費者が増えれば、輸入量が増えて値段が下がる可能性がある。LAY'Sの味を日本の消費者が求めている、ということになれば、カルビーがLAY'Sの国内生産を認めざるを得ないことになるかも知れない。

 LAY'Sファンとして、大注目である。

画像
LAY'Sのシンガポール版。LAY'Sにはいろいろな味があるが、私はこの「クラッシック(オリジナルフレーバ)」が一番好き。





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国産ポテトチップス品薄でLAY'S輸入? 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる