旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS LINE・・・24時間以内なら発言を「なかったこと」にできる

<<   作成日時 : 2017/11/16 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 LINEで、誤送信したメッセージを24時間以内であれば消去できるようにする機能が付くことが、あちこちで話題になっている。

 似たような機能は、中国版のLINE「WE CHAT」には既に装備されている。ただし、WE CHATの場合、消去できるのは発進から3分以内。24時間以内となると、ちょっとでも気が変わったら、何でも取り消してしまうことができてしまう。一度発信したことを「なかったこと」にできるのって、なんだかイヤだなぁ、私は思う。一度言ったり書いたりしたことは決して取り消せない、というのが人対人のコミュニケーションの要諦だと思うから。

 間違ったことを言ったりすることは、ある。でも、そういうときは情理を尽くして説得し、理解してもらうしか方法がないんじゃないだろうか。それでも関係性が崩壊してしまうのなら、元々その程度でしかない。敢えて厳しい言い方をするなら、「変なことなら取り消せばいい」なんてノリで送信ボタンを押すような人には、こういう通信ツールを使う資格がない。

 LINEの「発進後消去機能」は、「一度言ったことは取り消せない」という世の常識が「取り消せる」に変わるという点で、コミュニケーションに革命的変化をもたらすのではないかと思う。それはたぶん、ネットの世界にとどまらずリアルにも波及すると思う。たとえば、しかるべき立場にある人物が不適切な発言をして直後に撤回したとき、「あんなことを言うなんてとんでもない」という受け止め方よりも、「取り消したんだからいいんじゃない」と思う人が増えることになると思う。後から取り消せば、なんでもかんでも言いたい放題、そういう世の中になる。言葉は何の意味も持たないほど軽くなり、コミュニケーションの質は救いがたいほど劣化する。LINEの方針転換は、そういう可能性をはらむものだと思う。

 少なくとも私は、自分のタイムライン上で友人の発言が次々と消えて行くような事態は、見たくない。

【Ocean Radio@2017】



LINE「誤爆」来月にも消去可能に 24時間以内なら
無料通信アプリの「LINE(ライン)」は16日、誤って送ったメッセージを24時間以内なら取り消せるようにすると発表した。12月以降にできるようになるという。

 メッセージの内容を間違えたり、メッセージを送る相手を間違えたりした場合、スマートフォンのアプリ上でメッセージを長押しすると、24時間以内なら「送信取り消し」の操作ができるようにする。取り消すと、送った人と受け取った人のアプリ上の履歴からメッセージが消える。これまでは自分の履歴上のメッセージ削除はできても、相手側の履歴には残ったままだった。

 LINEで送信先を間違えるなどの行為はインターネット上では「誤爆」と呼ばれる。LINEが11月10〜12日に行ったネットアンケートでは、誤ってメッセージを送ったことが「ある」と答えた人が全体の8割超を占めた。LINE広報は「利用者の使い勝手の向上とコミュニケーションの選択肢を拡大させるための機能拡充の一環」としている。(久保智)
朝日新聞デジタル 2017年11月16日12時58分






消去: 虐殺を逃れた映画作家が語るクメール・ルージュの記憶と真実
現代企画室
リティ パニュ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 消去: 虐殺を逃れた映画作家が語るクメール・ルージュの記憶と真実 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
LINE・・・24時間以内なら発言を「なかったこと」にできる 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる