旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 元日休業が広がる世の中

<<   作成日時 : 2017/12/19 08:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
けさの地元紙。「元日営業見直しで休業する店舗が増加中」という記事が出ている。人手不足で元日に勤務する従業員を手当できない、というのが背景らしい。店舗が営業するとなれば、食品工場や物流業者もそれに合わせて働かなくてはならないから波及効果が大きい。もはや、それを維持できない、ということなのだろう。

 元日はちゃんと休めるのが「普通の世の中」だ、真っ当な方向に向かいつつあるじゃないか、と思う半面、「暦の切り替わり」を重視する日本人のメンタリティは相変わらずなんだな、という感想を持つ。

 元日営業が増え始めたのは、1990年代後半あたりからだったと思う。元日にまで働かされるなんて、と思う半面、「暦の変わり目」にすぎない元日の持つ意味合いが薄れて行くのではないか、という期待も持っていた。年末年始などという風習に拘束されることなく、休みたいときに休む、みんな一斉に休まないと気が済まない、という風習を変えて行くことになるのではないか、と思った。はっきり言って、年の変わり目をこれほを強く意識するのは世界でも日本人くらいである。さすがに元日は祝日の国が多いが、それは暦上の1年の始まり、という以上の意味は無い。「年内に用事を済ませる」「年始のあいさつ」「忘年会」「新年会」「年賀状」「年頭祈念」、これはみんな日本独特の風習だ。それは、1年1年区切りを付けて新たな気持ちで過ごす、という反面、過去のことをきれいさっぱり忘れたいというメンタリティ、日本人の忘れっぽさともつながっていると思っていた。

 元日営業が広がることで、こういうメンタリティが少しでも薄らぐのではないか。暦上の年の変わり目をそれほど意識しない、過去から未来への連続した時間、という意識が出てくるのではないか、という期待を持っていたが、それはならなかったようだ。

 やっぱり日本人は、「過去のことは水に流す」「きれいさっぱり忘れる」「リセットする」のが好きな民族、そう簡単には変わらないのかな、と思う。

【Ocean Radio@2017】




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
元日休業が広がる世の中 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる