旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 勝間和代「1万円が2万3000円になって何の文句があるんですか」

<<   作成日時 : 2017/12/30 08:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 「(株価が)1万円が2万3000円になって何の文句があるんですか」。ネットのニュース記事が配信していた勝間和代の発言に、思わず反応してしまった。

 12月26日に放送されたTOKYO MXの番組「バラいろダンディ」で、そういう発言があったのだという。曰く、「安倍政権は経済評論家から見たらほぼ満点」。「1万円が2万3000円になって何の文句があるんですかって話ですよ」「1万円を7000円にした政権と、1万円を2万3000円にした政権とどちらを評価しますか」。

 もっとも、安倍の経済政策を完全にヨイショかと言うと、そういうわけではないからしく、後段をちゃんと読めば「企業はお金を貯めてAIなどの機械や、外国に投資している」「日本人に全く返ってこないのが問題なんですよ」「なぜ賃金が上がらないということに関しては、安倍政権は解決していないんですよ」という発言が出てくる。安倍政権の経済政策をたいして評価はしていない、と言うのが論旨ではあったようだ。

 が、そうであるなら「投資家から見れば満点だが庶民から見れば20点」などと、他に言いようがあっただろう。

 「経済評論家から見たらほぼ満点」「1万円が2万3000円になって何の文句があるんですか」などと刺激的な字句を並べてしまうところに、ホンネの部分で金持ち寄り、格差ウェルカム、新自由主義バンザイの人間なのだろうな、というのが逆照明のように見えてくる。元々、家電製品の延長保証に入るよりも、5年以内に買い換えた方がずっと得だ、という考えの持ち主である。株価上昇で恩恵を受けるのは全体から見ればわずかな割合であることなど、たいして気にもかけずに出て来た発言なのだろうな、と思う。

 短い言葉にこそ、その人物の本質が浮かび上がるものである。

【Ocean Radio@2017】




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
勝間和代「1万円が2万3000円になって何の文句があるんですか」 旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる