■再びシカゴ空港

【7月30日(米中部時間)】

 10時45分、定刻にシカゴ着。ボストンとの時差は1時間。乗り継ぎのJAL便は12時15分、1時間半しかないのに、ターミナルを移動し、セキュリティを再度通らなくてはならないのは、かなり大変だ。ろくに買い物もできない。

 セキュリティ、再チェックインを済ませ、ラウンジに飛び込み、書きかけのエアメール葉書の仕上げ。ところが、なんと! 住所録のファイルをPCのHDに移したつもりが、忘れてきた! 宛先の住所がわからない。しょうがない。すべて自宅の住所を書き、投函。帰国して改めて、日本の切手を貼って住所を書き替えて出す。エアメール切手がもったいないから。

 ラウンジ内、日本人の若者や家族づれがけっこう目につく。社用族か、それとも、私のようなマイレージ無償アップグレードか・・・。

 おっと、もう搭乗の時間だ!

画像
画像


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック