■アメリカ9日目~パターソン空軍基地

【7月14日(米山岳時間)】
 午前7時半に集合・・・前日のHTL-INが20時だったのにこの出発時間はきつい、と思っていたが、なんと午前6時半には目が覚めてしまった。前日早寝したせいなのだろうけど。シャワーを済ませ、部屋でゆっくりコーヒーを、と思ったが、コーヒーメーカーのスイッチが入らない。「壊れている!」と大きく張り紙をして部屋を出る。

 午前7時半、出発。午前8時、パターソン空軍基地。NORTHCOMの役割についてレクチャー。オフレコ要請により詳細は省略
 
 続いて、ミサイル防衛についてのレクチャー。オフレコ要請により詳細は省略。

 10時すぎ、セッションが終わる。外に出て、プサン大学准教授(Ph.D)のジンが言う。「北朝鮮のミサイルがそんなに心配かい?」。私、「そうじゃなくて、ボクの立場は、あんなものカネのムダだと思ってるから、役に立たないと言いたかっただけさ」。するとエスコートのボブ、「そう思うのは君だけじゃない。アメリカ人にだってそう思う人はいっぱいいる。だいたい、北朝鮮が一体どんな理由で、アメリカに核ミサイルを撃ち込むと言うのだね?」。基地見学ができるのかと思ったら、車はそのまま外に出てしまった。

 ダウンタウンを車で流して、11時、オリンピック・トレーニングセンターへ。安全保障の研修なのに、なんでこんなところが予定に入っているのかと思ったら、ただの見学。時間調整らしい。

 12時半、「Garden of Gods」のビジターセンターで昼食。バッファローバーガーをチョイス。食感は、普通のビーフバーガーと変わらない。その後、「Garden of Gods」内を車から見学、説明映画の鑑賞など。これも安全保障の研修とは関係ない、観光コースだ。時間調整するくらいなら、ホテルに戻って休ませてほしいくらいなのだが。

 次のアポイントまでの時間に、今度は「この地域でただ一つの5つ星ホテル」という、ホテルを見学。これも研修とは関係ない。親切にいろいろ見せたいのはわかるが、あまり観光客扱いするな。

 午後3時、ペンローズハウスにて、International Foundation for Election Systemsの代表、Mr. Richardsonと会合。この会合は、なかなか興味深かった。「民主主義を機能させるために、選挙制度がいかに重要か」「選挙が適正に運営されていない国がいかに多いか」「今度の大統領選挙も、ものすごい接戦となるだろう。接戦になればなるほど、制度的な適正性をいかに担保するかが重要になる」「アメリカ人の多くは未だに、自分の票がちゃんとカウントされるのかどうか、そういう懸念を持っている」。そんな話だった。電子投票システムについても、説明。「連邦制度は、古い投票機器を入れ替え電子投票方式に変えるためにものすごいカネを使っている。しかし一方で、電子投票が導入されているのにそれをやめ、紙に書いてスキャンする方式に変えた地域もある。すると今度はスキャナが必要になるが、十分な数を揃える予算がない。どうするか? 投票所から集計センターまで運ぶしかない。すると、警察の警備が必要かどうか、そんなことが議論になってくる」。さっそく、私が質問。「日本では、紙に書いてそれを人が数えるというハイテクとは無縁の方式を何十年も変えずにやっているが、そろそろ電子投票の移行すべきという意見と、それはダメだという意見がある。電子投票について、どう思っているか?」。「電子投票だろうと紙だろうと、どっちでもいい。それが適正に運営されるか、そして有権者がそれについて理解しているかどうか、が大事。その大前提を踏まえた上で、個人的な意見を言えば、証拠が残りいつでも再集計できるという点で、紙に書いてスキャンする方法がベストだと思っている。日本のように、候補者の名前を書く方式は、アメリカではだめだろう。読めない手書きの字があまりにも多いから」。

 午後4時過ぎ、セッション終了。ペンローズハウス内を簡単に見学。Mr. Richardsonとの会合になぜペンローズハウスが選ばれたのか・・・彼のオフィスがこの中にあるのか、この付近にあるのか・・・それとも、由緒ある邸宅を私たちに見せたかっただけなのか・・・。 「あすの朝食の買い物をさせてほしい」という誰かのリクエストで、スーパーに立ち寄る。朝食ならホテルに売店があるし、目の前にコンビニもあるのだから、研修中にそういう「個人的な用件」を入れるのはあまり感心しないと思うのだが・・・私もしっかり買い物をした。とは言っても、困ったことに部屋に冷蔵庫がない。ハムやチーズ、野菜を買ってサンドイッチ、というわけにはいかない。乾いたパンや甘い菓子パンを買う気もしないので、あすの朝食用にカップラーメン1個だけ購入。

 午後5時少し前、ホテル帰着。次の予定まで、しばし休憩。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック