福田のおっさん、本気らしい~サマータイム

 福田総理が、サマータイムを2010年にも導入する方針を9日に発表する・・・と読売新聞に出ている。

 あのおっさん、本気らしい。

 けれど、いいのか、そんなこと表明して? というのが正直な気持ち。サマータイムにはいまもって、根強い慎重論、反対論があるのだ。現実問題、九州や沖縄の人たちには、結構辛いはずだぜ。こういう方針を表明した途端に、世論の風向きが「反福田」にならんとも限らない、けっこう危険な賭だ。

 いいのかね~。


●サマータイム10年にも、排出量取引も導入…首相表明へ
 福田首相が9日に日本記者クラブで発表する地球温暖化対策に関する新たな指針の全容が7日、明らかになった。
 7月の北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)に向けて検討してきたもので、焦点となっている、温室効果ガスの排出枠を、企業間で取引する排出量取引制度について、国内で導入する方針を初めて明確に表明する。導入に向け、今年秋から産業・金融界に呼びかけ、大規模な試行実験を行う計画を打ち出す。
 また、夏季に時間を1時間早めるサマータイム制度を、2010年にも導入することを目指す考えを表明する。
 新たな指針は、サミット議長国を務める日本の首相として、「低炭素社会」実現に向けた包括的な提案をするもので、国内外の議論を主導するのが狙いだ。
 首相は9日、排出量取引について、「制度の問題点の列挙に時間を費やすのでなく、日本自ら積極的に国際ルールの設定に参画する考えから、『日本型の取引制度』導入に向け、今年秋から大規模実験を行う」と表明する。
 また、2050年までのガス排出量を、「現状より60~80%削減する」との長期目標を明示する。一方、20~30年ごろまでのガス削減の中期目標については、05年を新たな基準とし、日本がどこまで削減が可能かを示す「試算値」を紹介する予定だ。
 温室効果ガス排出量に関する20~30年ごろまでの国別の中期目標設定は、13年からの「ポスト京都議定書」の国際的枠組み作りで最大の焦点となっている。首相は日本独自の「試算値」を初めて公表し、議論に弾みをつけたい考えだ。
 サマータイムは職場や学校で始業・終業時間が早まる分、省エネにつながるとされる。 (2008年6月8日03時08分 読売新聞)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • サマータイム・・・「残業絶対禁止」の覚悟がどれだけありますか?

    Excerpt:  「サマータイム」という言葉を、政治家の口から久々に聞いた。90年代から何度も出ては消え、出ては消えし、福田康夫総理時代に法案提出寸前まで行ったものの、小泉純一郎の「関心しない。面倒くさい」の一言で葬.. Weblog: 旅するデジカメ・札幌発<見る・残す・伝える> racked: 2011-03-23 02:56