KE796 新千歳~ソウル

画像 見た感じ、9割弱の搭乗率。乗客は、日本人の方が多いという印象だったが、チェックイン時に周りの日本人客の会話に聞き耳を立てていると、最終目的地は「ロンドン」とか「香港」とか、やはりソウル経由で各地に出かける旅行者の利用が多いようだ。私の隣の席に座っていたのは中国人で、ソウル経由で大連まで行くと話していた。

 定刻より若干早い9時10分過ぎにブロックアウト。9時20分ごろ、RWY01Lから離陸。離陸直後に大きく右旋回。270度近いターンをして、進路を西南西に取る。苫小牧から噴火湾、渡島半島上空を通過して日本海に出れば、ソウルまで一直線の洋上飛行だ。出発前、GPSで確認すると、ソウル・インチョン空港までの直線距離は「1422km」と出た。遠いと感じるかもしれないが、沖縄よりははるかに近い。「飛行時間は2時間20分」とアナウンス。

画像 水平飛行に入るとすぐに、食事のサービス。チキンとサーモンからチョイスできるホットミールとパン、サラダ、ゼリー、ミネラルウォーターがトレイに乗っている。KEはYクラスの機内食も賞を何度も取るほど質が高いと聞いていたので、期待値からすれば下ではあったけれども、まぁ、こんなもんでしょう。(写真右)

 巡航中は揺れもなく、至ってスムーズ。11時40分、ソウル・インチョン空港に到着。11時50分、ブロックイン。定刻より25分も早い。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック