台風15号~こんな日に普通に仕事をしようとするのが間違っていた

画像 東京で暮らしたことがなかったからなのだが、首都圏を台風が直撃することの影響の大きさを、甘く見ていた。

 台風15号が東京を直撃したきのう、午後4時から横浜でアポイントがあった。早めの帰宅を呼びかける企業もある中で、なんとも仕事熱心なことだが、予定通り出かけた。余裕を見て3時前に内幸町のオフィスを出て新橋駅まで歩いたのだが、既に東海道線は全線ストップ。京浜東北線は動いていたのでそれに乗ったが、「強風による徐行運転のため、列車間隔が詰まっているため時間調整を行います」とのアナウンスがあり、田町、品川と5分近く停車する。次の大井町駅では10分以上待たされた末に、「この先の多摩川橋梁で、風速が基準を超えたため運転見合わせとします」と。この時点で横浜行きはキャンセル。訪問先にお詫びの電話を入れると、この天気の中で向かっていたことに、逆に驚かれた。

 東京方面に戻ろうにも、上り線の京浜東北線電車は川崎で止まったままで動けないという。新橋まで戻るためには、りんかい線で大崎まで行き、山手線に乗り換えるしかない。この時点で3時半過ぎ。東急線はまだ動いていたので、大井町線に乗って大岡山で目黒線に乗り継げば、自宅のあるD駅までは簡単にたどり着けた。ここでそういう判断をすればよかったのだが、ひとまずオフィスに戻って他の仕事をしようと思ったのが、良くなかった。りんかい線で大崎まで出ると、山手線は間引き運転が始まっており、ラッシュ時以上の超混雑だ。後に知ったことだが、ダイヤの乱れや運休が予想される場合は、列車間隔が詰まって駅間で列車が立ち往生するのを防ぐため、あらかじめ運転本数を減らすものなのだそうだ。強風などで徐行運転をすると、走れる列車の本数が減るからだという。乗り降りにやたらと時間がかかるため、遅れに遅れ、新橋に着いたのは午後4時15分すぎ。このすぐ後、山手線は防護無線の発報で全線が止まった。

 オフィスに戻って仕事をしている間にも、あっちこっちの鉄道が運転見合わせ、という情報が次々と入る。午後5時過ぎには東急線が全線で止まり、都営地下鉄も浅草線と新宿線が止まった。これは、帰宅難民と化すかも、という不安が初めて頭をよぎる。5時半過ぎ、仕事もそこそこに帰宅することにした。ホームページで見ると、三田線はまだ動いている。動いているうちに帰ろう。

地上の鉄道が止まると地下鉄も止まる
 外に出ると、猛烈な暴風雨だ。きゃしゃな折り畳み傘などたちまち壊れてしまいそうなので、濡れるのを覚悟で傘を閉じて歩いた。日比谷駅のホームに下りてゆくと、列車を待つ人の数はいつもと同じくらい。電光掲示板には発車時刻の代わりに「いつも都営地下鉄をご利用いただきありがとうございます」の表示。ダイヤが乱れているのがわかる。アナウンスがあり、三田線は全列車、白金高輪で運転打ち切りだが、東京メトロ南北線が目黒まで運行しているので乗り継げば目黒までは行けるようだ。目黒に辿り着きさえすれば、そこから自宅までは歩いても行ける。10分ほどで、白金高輪行きの列車が到着。車内は特別混雑している感じではなく、いつもどおりの乗車率だ。ところが、内幸町を出発して次の御成門で停車したところで、アナウンス。「三田線の地上区間で風速が25mを超えましたので、運転を見合わせます」。あちゃー。心配していた事態に、さっそくなってしまった。列車はホームでドアを開けたまま、立ち往生になってしまった。乗務員は1~2分おきに同じアナウンスを繰り返す。あきらめて列車を降りる人や、ホームで座り込む人もいるが、ほとんどの乗客は乗車したままだ。ホームよりは、冷房の効いた車内の方がまだ過ごしやすいが、まったく動かない列車内でつり革につかまって立ったままというのも、かなり苦痛だ。「さきほど、風速30mを記録しました」「運転再開のメドは立っていません」など、アナウンスの内容もエスカレートしている。あきらめて、ホームから上がって行く人も目立ち始めた。ソフトバンクの3G回線が通じているのでiPhoneの通信機能は使えるが、乗客の多くが携帯電話やスマートフォンでメールや調べ物をしようとしているためか、通信状態がひどく悪い。メールを送信しようとしても、何度もエラーになる。

 それにしても基準を超えた風速で運転できないのは地上区間。地下は関係ないのだから地下線部分だけでも動かせないのか。この点をホームにいた駅員に聞いてみると、答えはこう。「三田線は東端の4駅が地上区間。ここが強風で運転できないと、列車の間隔が空いたり詰まったりするので、運転再開するときに正常ダイヤに戻すのが時間がかかる」。それはそうかも知れないが、地下線区間だけで折り返し運転をすることもできるじゃないか。

 1時間近くも待っただろうか。立ち疲れたし、動き出す気配もないし、iPhoneの電池も尽きて来たので、オフィスに戻ることにした。御成門から日比谷の手前までなら十分歩けるし、オフィスに行けば酒もあるし、ネットも使える。ずぶ濡れになるにしても、車内で立ったまま待つよりはましだ。外に出てみると、雨は既にやんでおり、強風が吹き荒れるだけだった。新橋まで15分ほど歩いて戻ると、オフィスでは帰り損ねた同僚が軽い酒盛りを始めていた。テレビを見ると、JRや私鉄はもちろん地下鉄も、大江戸線を除きすべて止まっている。帰宅の足は全滅だ。渋谷や新宿駅の大混雑の様子が繰り返し流れている。それにしても、全線が地下の浅草線などまでが早々に運転をやめたのは理解に苦しむ。風は確かに強いが、雨水が地下に流れ込んで設備が水没するほどの雨が降っているようにも思えない。天候に左右されないのが地下鉄のメリットだったはずだが。

 これも後から知ったことだが、地下鉄線のほとんどは、終点駅で郊外に向かう私鉄かJRに直通するか、乗り換えで接続するようになっている。今回のように地上の鉄道が止まってしまうと、地下鉄が運んで来た乗客が終点駅でおりても、接続列車に乗ることができず駅に滞留してしまう。バスやタクシーが運べる数など鉄道の比ではなく、かと言って嵐の中外に出すわけにもいかないから、駅にどんどん人が溜まり、混雑が度を越して危険なことになる。それを防止するためには、運行可能であっても地下鉄を止め、終点駅に乗客が集中しないようにするしかないのだという。天候の影響を受けないのが地下鉄のメリットだと言われていたが、東京に関してはそれはあてはまらない。地上の鉄道が止まれば地下鉄も止まると考えるべきだということを、初めて知った。

 結局この夜は、残っていた同僚たちと居酒屋に場を移し、11時ごろまで時間をつぶした。そして、三田線も東急線も再開したのを確認し、家路に。ダイヤの乱れは続いているようで、列車が来るまでずいぶん待ったが、12時ごろには無事帰宅できた。

 それにしても、今回の台風は速度を上げた首都圏を通過したため、強風や雨は数時間で済んだが、ノロノロ居座るような台風だったり、首都圏直撃があと数時間で遅かったら、一晩中電車が止まるような事態も十分あり得ただろう。酒盛りどころか、オフィスに泊まらなくてはならないところだった。台風直撃の怖さを、甘く見ていたようだった。札幌なら、どんなに悪天候でも地下鉄は止まらないから、職場や自宅が地下鉄沿線にある限り天気の心配をする必要がないのだが、東京の地下鉄は地上の鉄道と連動して止まることを初めて知った。

 台風が直撃することがわかっている中で、普通に仕事をしようと考えるのが、そもそもの間違いのようだ。台風が来る日は仕事などやめ、とっとと帰宅する以外に、身を守る方法はない。

画像
画像
画像

▲上下線とも止まり、ひたすら再開を待つ乗客。(21日午後6時すぎ・御成門駅)【写真上・中】
▲暴風雨のため壊れた傘が、駅のゴミ箱にあふれていた。(21日午後6時半ごろ・御成門駅)【写真下】








この記事へのコメント

東京生まれ
2013年09月16日 10:58
今日も台風なので、家にいて台風関連の検索してて、ここを見つけました。
そっかぁ、地方から来た方はご存知ないものなのですね。昔、台風で地下鉄が水没して止まったこともありました。
海ラジ
2013年09月17日 12:58
ブログ閲読ありがとうございます。東京に来て、台風が大都市を直撃する怖さを初めて知りました。

この記事へのトラックバック

  • 台風の日は、休みましょう

    Excerpt:  「十年に一度」の台風が首都圏をかすめる。朝から通勤電車が大混乱、私の使う東急目黒線も「運転見合わせ」なので、通勤電車が再開するまで自宅待機中だ。午前9時すぎには、間引きダイヤで再開したようだが、暴風.. Weblog: 旅するデジカメ~札幌発東京定住日記 racked: 2013-10-16 10:03
  • 人があふれて乗れない・・・台風の日はやっぱり休もう!

    Excerpt:  前項の続きを書いておこう。午前10時すぎ、風もおさまってきたようなので、そろそら会社に向かおうかと目黒線のB駅まで向かった。雨は完全に上がり、湿った風がときおり吹く程度。もう電車が止まることもあるま.. Weblog: 旅するデジカメ~札幌発東京定住日記 racked: 2013-10-16 15:12